免責事項

スポンサーリンク

          

            

【リフォーム営業】顧客の家のドアを直せず、罵声を浴びた男が顧客を殺害

            

住宅リフォームなど、随分とくたびれた築年数の長い住宅でも、新品に近い状態までリペアする技術は、昨今話題となっていますが、中にはそう言った『リフォーム』と言う名目を悪用した『悪質ぼったくりリフォーム業者』の存在も問題になっています。

 

そんな中、リフォーム業者の営業を名乗る男が、顧客を殺害するという恐ろしい事件が起きた事が話題となっている。。。

 

 

―以下引用―

 

 

東京・杉並女性遺体事件で元リフォーム会社従業員逮捕 「罵声を浴びせられ、カッとなった」 警視庁

 

東京都杉並区清水の無職、上田美恵子さん(62)が自宅床下から遺体で見つかった事件で、警視庁捜査1課は15日、死体遺棄容疑で、埼玉県鶴ケ島市上広谷の元工務店従業員、青木啓之(ひろし)容疑者(52)を逮捕した。「罵声を浴びせられ、カッとなった」と殺害についても認める供述をしており、殺人容疑でも調べる。捜査1課は同日、荻窪署に捜査本部を設置した。

 

逮捕容疑は1月11日午後、上田さんの自宅の床下に遺体を遺棄したとしている。遺体は顔と両手足を粘着テープで縛られた状態で見つかり、胸には複数の刺し傷があった。遺体のそばには血のついた包丁が落ちていた。

 

捜査本部によると、青木容疑者は当時勤務していた工務店で営業を担当しており、上田さん宅をリフォームの見積もりで訪問していた。調べに対し、「ドアの修理を頼まれたが、うまく直せずに罵声を浴びせられた。カッとなって殴った」と供述。上田さんの遺体を床下に遺棄した後、自宅から携帯電話や鍵を持ち出し、捨てたと話しているという。

 

自宅に残された上田さんのメモに「11日、青木」と記載されていたことから青木容疑者が浮上。その後の任意の事情聴取で、犯行を自供した。

 

上田さんは3姉妹の三女で1人暮らし。自宅のリフォームをしていた今年1月から連絡がとれなくなり、不審に思った姉夫婦が今月9日に訪問したところ、床下の遺体を発見した。

 

引用元:産経ニュース

http://www.sankei.com/affairs/news/170415/afr1704150021-n1.html

 

 

―引用終わり―

 

 

住宅を綺麗にして、顧客から喜ばれるハズのリフォーム業者の営業が、住宅をリペアするのではなく、顧客を殺害すると言う、なんとも許しがたい犯行には情状酌量の余地は無いと思います。

 

>元工務店従業員、青木啓之(ひろし)容疑者(52)を逮捕した。

 

住宅営業で、沢山の顧客と接する職業の輩が、この様な卑劣な犯行に及ぶとは・・・

こう言う類の輩は、多大なストレスを受ける様な営業と言う職種自体が向いてなかったのではないかと思います。

 

 

>上田さんの自宅の床下に遺体を遺棄した

>遺体は顔と両手足を粘着テープで縛られた状態で見つかり、胸には複数の刺し傷

 

もう完全に『計画的犯行』にしか見えないし、そうじゃなかったとしても『殺した事を悔いるどころか、それを隠蔽する為に床下に隠した』と言う、なんとも悪質極まりない犯行だとしか思えません。

それに、顔と両手足を粘着テープで縛って、発見されにくい様に工作した時点で、仏さんに対しても冒涜するとは・・・・・

 

 

>「ドアの修理を頼まれたが、うまく直せずに罵声を浴びせられた。カッとなって殴った」

 

年寄り(ってほどの年齢でも無いですが)の罵声程度は、一般的にも(自分の周りも含めて)日常茶飯事にある事でしょうし、その程度の事でいちいち『カッ』となっていたら、営業職は毎回殺人事件に発展する事になると思うのは、おそらく自分だけではないかと思います。

それに『ついカッとなって殴った』と言う供述をしているみたいですが、殴っただけじゃなく『両手足を縛って刃物で刺殺した』と言うのが本当のところではないでしょうか?

 

 

上田さんの遺体を床下に遺棄した後、自宅から携帯電話や鍵を持ち出し、捨てた

 

極力発見を遅らせる為の工作に、余念がないとしか言い様がありませんし、むしろ突発的な犯行の割には、随分と用意周到な犯行にしか思えないです。。。

 

 

何にしても今回の事件は、カッとなって突発的に行われた犯行とは安易に信じ難いし、むしろこの日に青木啓之容疑者が上田さん宅に来る約束をしていた事から、前々から面識があり、常々罵声を浴びせられていた事を根に持って、今回の犯行に及んだ様にも見えます(単なる憶測ですが)

 

それに、どんな職業でも『個人顧客』を相手にする職種の営業とは、モンスタークレーマーなど、態度の悪い客からキチガイの様な客まで、どんなDQN客でもグッと堪えて相手にしなきゃならない様な、むしろ給料とは割の合わない仕事が大半だと思います。

 

そんな職業だと知っておきながら、今回の様な犯行に及んだ時点で、この青木は元々営業職には向いて無かったのでは無いかと思います。

(って言うか、それ以前にこのアホは、人間としての人生も向いてなかったのだと思いたい)

 

ただ、こればかりは本人たちにしか本当の事は分かりませんし、どんな確執があったのか、もしくは青木が精神疾患者だったのか?は分かりませんが、はっきりわかっている事は、この男が顧客を殺害した事と、リフォーム営業と言う職業自体が向いてなかったと言う事だけは確かだと思います。

 

世の中には、求人広告などには『月収30万以上・平均月収50万以上』などと、平然とホラを吹聴して求人を出し、実際入社したら給料がノルマ制で、毎月ほとんどゼロだったと言うクズリフォーム業者なども存在するし、酷いところは、騙す顧客を『高齢者』に絞って、悪質なインチキリフォームを押し売りする様な、犯罪者まがいなとんでもリフォーム業者も存在します。

 

この様な環境で働く営業は、精神的に追い詰められている様な連中も沢山存在すると思いますし、そう言った意味でも、今回の様な卑劣な犯罪を少しでも減らす為にも、こう言った悪質ぼったくりリフォーム業者の『給料もまともに貰えないブラック労働システム』を、根本的に取り締まる法整備が必要なのだとつくづく思います。

 

それにしても、リフォーム営業がこの様な事件を起こす様な世の中になったとは・・・

もう訪問販売が来たら、居留守でも使って出ない方が無難だと言う時代になったのかもしれませんね!

 

 

それでは今回はこの辺で。。。

 

 

↓共感されましたらクリックお願いします

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   関連記事:ブログテーマ別インデックス  

                           ​​​​

     

                            ​​​​

     

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          
コメント
コメントする