スポンサーサイト

  • 2017.07.13 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    【SNS悪用】年々巧妙化するSNS使用による犯罪について検証

    • 2017.04.20 Thursday
    • 08:15

     

     

     

     

    つい先日、SNSを使ってホストを脅迫し現金を脅し取ろうとして、当のホストに取り押さえられて敢え無く御用となった間抜けな元グラビアアイドル(現AV女優)が居ましたが、そんなSNSの犯罪が年々急増・巧妙化する中、今後SNSの活用方法が問われているのではないでしょうか?

     

    以下の引用記事を読みながら検証してみようと思います。

     

     

    ―以下引用―

     

     

    ネット脅迫の摘発3割に急増、過去最悪 警視庁

     

    昨年1年間に警視庁が摘発したサイバー犯罪のうち、脅迫事件は123件に上り、前年と比べて28・1%の急増となったことが、警視庁サイバーセキュリティ対策本部のまとめで分かった。統計を取り始めた平成13年以降で、最多となった。会員制交流サイト(SNS)へのしつこい書き込みなど、インターネットを使ったストーカー行為の増加が背景にあるとみている。

     

    小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた女子大生が刺されて一時重体となった事件では、逮捕されたファンの男が、女子大生のツイッターに誹謗(ひぼう)中傷する書き込みを頻繁にしていたことが判明。今年1月に施行された改正ストーカー規制法は、SNSへの連続送信なども新たに規制対象に加えた。

     

    昨年のサイバー犯罪全体の摘発件数は1221件で、26年以降は横ばいの状態が継続している。脅迫事件の摘発が増えたことについて、対策本部の担当者は、「小金井の事件を教訓に、警察がより敏感に対応するようになったため」と説明した。

     

    昨年のインターネットバンキングによる不正送金も1011件で前年の6・5%増だったが、被害額は32・2%減の10億7100万円だった。法人口座の被害額が、前年の5億6100万円から6600万円へ大幅に減ったことが要因という。

    捜査に当たる警視庁サイバー犯罪対策課は、「企業側が取引の監視機能を強化した結果。新しい手口も出てきていたちごっこだが、被害防止と摘発を進める」と話す。

     

    摘発には至っていない事案も含めたサイバー犯罪の相談は1万7284件で、前年から14・4%減。内訳は、架空請求のメールを送り付け、指定した口座に代金を振り込ませるなどの「詐欺・悪質商法」が8371件で約半数を占めた

     

    引用元:産経ニュース

    http://www.sankei.com/affairs/news/170419/afr1704190018-n1.html

     

     

    ―引用終わり―

     

     

    この産経記事を読む分に、最近ではSNSを使用した脅迫事件が急増している様で、特にストーカー行為をする凶悪犯罪者が活用する事が増えている様です。

    大概そう言った事件は、SNSで知り合った相手との男女関係のトラブル(片方が一方的に想いを寄せるタイプ)が大半を占めており、そんな中でこう言った凶悪ストーカー事件に発展するモノが特に多いようです。

     

    大々的にニュースや新聞記事になっていないモノも含めると、都心部だけでなく地方都市でもこう言った凶悪事件に発展しかねない事象も多く、その中には中高生の様な未成年が被害にあうだけでなく、逆に加害者として逮捕される事件も少なくない様です。

     

    特に中高生のほとんどが『全く危機感が無い』とも言えるくらい『顔出し・実名出し・自宅出し』と言うモノが流行っているのか知らないですが、これらの写真や個人情報をSNSに堂々と晒している様な連中が多く、そのSNSの情報から、個人を特定されて犯罪に巻き込まれると言う事案や、逆に中高生が同じ中高生の個人情報を調べ上げて、脅迫や恫喝、障害事件に発展すると言う事件も意外に多いようです。

    (酷い場合は殺人事件に発展する事もある・・・)

     

    自分がリサーチしたところ、こう言った『顔出し』『名前だし』『住みと学校出し』と言う様な行為は、単に『SNSで友達や恋人を作る』などと言った浅はかな目的が大半で、一度『友達リンク(相互フォロー)』になった相手は、友達だという理解不能な思考が働き、そして相手が異性だった場合、それから更に(SNS上で)親しくなったら、もう『付き合っている』などと既に恋人気分に陥っている若者が急増しているという背景がある様です。

     

    ―関連記事―

    ネット上でチャットを数回やっただけで相手を恋人認識してしまう人達

     

    その挙げ句、相手の素性も知らない状態で『恋人』などと錯覚を起こしてしまい、他にも個人情報を晒してしまうと言う事例が増えています。

    挙げ句、相手は『恋人』だと勘違いしている結果、相手が卑猥な画像を要求してきたりしたら、安易にホイホイとそんな画像を送信したりする事もかなり多い様で、その結果、その要求は更にエスカレートして、不審に思いそれ以降そんな要求を拒むと、今度は今まで送った卑猥な画像をSNSで公開すると言った脅迫を受け、また更にそう言った画像を送り続けさせられると言う事件が横行している様です。

     

    しかも、そんな卑劣な犯行に及ぶ輩が、同年代の中高生の男が加害者になると言う仰天事案も最近急増しているのも事実です(中高生故に、この行為の凶悪性を全く理解していない事が多い)

     

    そんな『SNSで出会い』などと言う安易な思惑が、犯罪者に隙を与えてしまって、取り返しのつかない事態にまで発展するケースは少なくないし、自治体によっては今後、中高生に対してSNSを禁止するところも増えるのではないかと思います。

     

    ―関連記事―

    SNS等、インターネット上に自分の画像をアップするリスクと恐怖

     

     

    あとは振り込め詐欺に関して、詐欺師達がよく活用しているのがSNSで、最近では銀行ATMや金融機関での防止対策が強化された事で、次はコンビニで電子マネーを被害者に購入させて、その購入した電子マネーの番号(カード記載)を詐欺師に教えて、架空請求の支払いをさせるという巧妙な手口に変わりつつあるようです。

     

    そんな詐欺事案でも、大半がSNSでのやり取りが多く、支払いが完了した直後、その詐欺師はアカウントを削除して逃亡すると言う手口が意外に増えている様です。

     

    『SNSアカウントはカギを掛けてて、友達しか観れない設定にしてるから自分は大丈夫』と言う中高生が多いですが、そう言った場合でも、SNSで友達と思っている相手(ただのリンクで本当の友達ではない)の中に、詐欺師グループが紛れていて、そこから個人情報を搾取して、詐欺師グループの仲間にその情報をリークし、別のメンバーが架空請求料金を搾取すると言う手口もあるのです。

     

    そう言った意味でも『SNSで知り合った』→『友達』と言う認識を持つことは、本人が知らないうちに、こう言った犯罪に巻き込まれる可能性が極めて高いと言う事がよくわかると思います。

     

    こう言った中高生が巻き込まれる数々のSNS事件に関して、中高生に注意喚起したところで、個人情報や顔出しを止める子はほとんど居ないし(中にはちゃんと止める子も多少いますが)、こう言った場合、やはり保護者がこう言う事を監視するべきだと自分は思います。

     

    ―関連記事―
    SNSでLINEのQRコードを貼って、友達を募る若者の危険意識

     

    結局、自分たちの子供を守れるのは、その保護者(両親)しか居ないと言う事を、保護者の方も理解して頂きたいと思います。

    子供の人権を尊重するのも大事ですが、それ以前に可愛い我が子がこう言った犯罪にみすみす巻き込まれる原因を作らない様に監督するのも、親の役割だと自分は思います。

     

     

    まぁ、結論的に『SNSで知り合った素性の分からない相手は、絶対信用するな!』と言う事だと思います。

    SNS上では、どれだけでも『親切な人・優しい人』と言うのを演じる事が出来るし、実際は凶悪犯罪者と言うパターンも意外に多かったりするのが現実なのですから。。。

     

    それでは今回はこの辺で。。。

     

    スポンサーサイト

    • 2017.07.13 Thursday
    • 08:15
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • SNS等、インターネット上に自分の画像をアップするリスクと恐怖
        ゆうちん (03/06)
      • SNS等、インターネット上に自分の画像をアップするリスクと恐怖
        K (03/05)

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM