免責事項

スポンサーリンク

          

            

カルト女「おはらい」と称して1歳女児に暴行、傷害致死容疑で63歳女逮捕

            

 

 

 

 

相変わらず、こう言うキチガイが関与するカルト犯罪は無くなる事がありませんね・・・

今時「おはらい」と称して暴力を振るったり洗脳したりする宗教とは、もはや「カルト教団」と呼ばれるモノしか有りませんが、今回の事件も、本当に気持ち悪いと本気で思いました。。。

 

 

ー以下引用ー

 

「おはらい」と称して1歳女児に暴行か 傷害致死容疑で63歳女逮捕 群馬県警

 

平成23年に当時1歳4カ月の女児に暴行し死なせたとして、群馬県警捜査1課などは23日、傷害致死の疑いで前橋市駒形町の自称コンサルタント業、北爪順子容疑者(63)を逮捕した。生後間もないころから「おはらい」と称し、度々暴行していたとみて調べている。県警によると、北爪容疑者は「あやしているときに頭などをぶつけたかもしれない」と話し、容疑を否認している。

 

逮捕容疑は、23年5月2日午後、自宅で同市西片貝町の城田麻雛弥(ますみ)ちゃんに暴行を加え、6日未明に急性硬膜下血腫で死亡させたとしている。

 

県警によると、麻雛弥ちゃんが搬送された病院から「虐待の疑いのある女児を手術中」と通報があった。母親は「転倒した」「転びやすい子だった」などと説明したが、麻雛弥ちゃんの頭や背中から複数のあざが確認されたことなどから、県警は虐待死の可能性があるとみて捜査していた。

 

関係者によると、北爪容疑者は「中島順(せい)聖(しょう)」と名乗り、自宅アパートで体の不調を訴えた人の相談を受け、治療目的で体を触るなどして金銭を得ていた。当時、麻雛弥ちゃんの父親(42)と母親(43)は北爪容疑者を「先生」と呼ぶ「信者」だったという。

 

母親は麻雛弥ちゃんの生後間もない頃から北爪容疑者宅に出入りし、「先生と話すと心が軽くなった。前向きになれた」と話していたという。両親には他に長女(15)と長男(13)がおり、麻雛弥ちゃんは末っ子だった。

 

麻雛弥ちゃんは22年から23年にかけて前橋市の「前橋市要保護児童対策地域協議会」に「要保護児童」として把握されていた。

 

近くに住む男性(84)は「北爪容疑者のところに連れられてきていた子供は2歳から小学生くらいの子もいた」と話している。

 

引用先:産経ニュース

http://www.sankei.com/affairs/news/170223/afr1702230010-n1.html

 

ー引用終わりー

 

 

全くもって、この北爪順子容疑者の血も涙も無い悪辣な行為には、怒りしか感じません。

日本には「信教の自由」と言うモノが有りますが、ここまで来たらただの「犯罪者」なだけで、情状酌量の余地も無いと思います。

 

 

>北爪容疑者は「あやしているときに頭などをぶつけたかもしれない」と話し、容疑を否認

 

こんな見え透いた嘘がまかり通ると思っている事自体、この北爪順子と言うカルト女は今までどれだけの人間を騙して洗脳してきたか想像がつきます。

警察は既にますみちゃんに暴行を加え、6日未明に急性硬膜下血腫で死亡させたという捜査結果を出してますが、こう言うキチガイ女は「冤罪だ!警察のでっち上げだ!」などと妄言を喚くのでしょうけど、今までそれだけの事をしてきたのだから、それなりの制裁は受けて欲しいものです。

 

 

>搬送された病院から「虐待の疑いのある女児を手術中」と通報

 

病院がこう言う判断をしていると言う時点で、もう言い逃れは出来ないと思うし、そもそも「治療」と称しているのに、なぜ虐待の疑いが出るのか、どう考えても「治療」と称して暴行を加えていたと言うインチキカルト女としか言い様がないです。

 

 

>母親は「転倒した」「転びやすい子だった」などと説明

 

「転倒した」だけで、頭や背中から複数のあざが確認されるなんて絶対に有り得ないし、こんな説明で医師や警察を騙せると思っている時点でお里が知れる。

まして「母親」と言う立場なのにも関わらず、自らの子供が酷い目に遭わされているのに、こんな事がよく言えたものです。。。

 

 

>治療目的で体を触るなどして金銭を得ていた

 

キチガイカルトによく有りがちな行為ですね!

医師免許を持っても居ないし、まして暴行を加えておきながら、金銭まで搾取する時点で、凶悪カルト以外の何者でもない。

どんな巧妙な手口で、こう言う犯行に及んで居たかは分かりませんが(むしろ分かりたくもない)、63歳にもなってモノの善悪も判断できないと言う時点で、金欲に満ちて、悪質カルトに手を染めた性根の腐ったババアだとしか思えません。

 

 

>父親(42)と母親(43)は北爪容疑者を「先生」と呼ぶ「信者」

 

こう言う救い様の無いバカに限って、こう言う「誰が見ても怪しい」と思う様な犯罪カルトにハマるんですよね(笑)

こんな連中の人生がどうなろうが知った事では無いですが、こんな気の狂った両親の元に生まれた子供は、たまったものではないでしょう。。。

そもそも、ただのインチキカルト女を先生と呼ぶ時点で、完全に洗脳されてるのは明らかだし、「先生と話すと心が軽くなった。前向きになれた」などとラリった妄言を語っている時点で、完全に頭がおかしくなっているとしか思えません。。。

 

しかし、たとえそうだとしても、この両親は自分たちの愛娘に暴行された挙げ句、殺されているにも関わらず、何とも思わなかったのでしょうか??

いやむしろ母親が「転倒した」「転びやすい子だった」などと医師に説明(言い訳)をしてる時点で、自分の子供の命よりカルトババアを崇拝する事を優先していたのだと思うとゾッとします。

 

いくら洗脳されていたとしても、普通なら自分の腹を痛めて産んだ子供に暴行を加えられたり、酷い目に遭わされていたら、このカルト女から子供を守る!、それが親というモノではないでしょうか??

 

それどころか、この犯罪カルトババアを庇う様な発言をしている時点で「親としての自覚すら無かった」と思われても、何も文句は言えないと思います。 

 

 

今回の事件は、5年以上の歳月が経っているにも関わらず、容疑者逮捕まで漕ぎ着けた群馬県警の担当警察官の方には、賞賛したいと思います。

普通なら、こう言った「カルト教団」が関わった事件と言うのは、なかなか捜査がやりにくく、更にこの犯罪カルト北爪順子の様な輩は、巧妙な手口でなかなかシッポを出さないタイプなので、最悪「迷宮入り事件」になりかねないと思いますが、こうして逮捕に至ったという事は、相当な正義感と執念のあらわれだと思います。

 

しかし、今回の北爪順子の様な犯罪カルトは、まだまだ全国に沢山同じ様な連中が居ると思います。。。

そう言った連中は、人の弱みにつけ込んで、金銭を搾取したり、暴行を「治療」などと言って、犯罪を正当化する異常者が大半ですが、そんな連中に騙され洗脳される人も、まだまだ沢山存在すると思います。

 

 

最後に・・・

 

 

「こう言う犯罪カルトに洗脳される人が、1日も早く居なくなる事を願います」

 

 

その言葉で、今回のブログは締めたいと思います。

 

それではまた。。。

 

↓ブログ記事内容に共感して頂けたなら↓

↓クリックお願いします↓

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   関連記事:ブログテーマ別インデックス  

                           ​​​​

     

                            ​​​​

     

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          
コメント
コメントする