免責事項

スポンサーリンク

          

            

捏造団体NHK、故人(死人)にまで受信料契約を結ばせようと画策していた

            

 

 

​​

 

 

あの「捏造特集番組」シリーズが多数存在する事で有名なNHKですが、いよいよ「受信料不正徴収」と言う犯罪行為までしている事が問題になっている。

「貧困女子高生」などの数え切れない捏造だけでは飽き足らず、遂には「故人」をあたかも生きているかの様に装って、受信料を搾取していた事が明らかになった。

 

 

ー以下引用ー

 

 

NHK受信料徴収員が新たなサギを告白「死人とも契約していた」

 

長崎県佐世保市にあるNHKの業務委託会社に所属していた平田伸男氏(仮名)が、受信料詐欺に関する新たな手口を明かした。

平田氏は「死んだ人を生きているかのように見立てて、契約を取ったこともある」と語る。

 

「昨年11月に、ある受信料滞納者のお宅を訪ねると、その人は既に亡くなっていて、代わりに息子だけが家に住んでいたんです。会社に指示を仰ぐと、『契約数が欲しいので父親を生きていることにして、支払い再開の契約書に父親の名前を記入させろ』と言われた

 

息子自身は過去に受信契約を結んでおり、本来は父親の滞納分を引き継ぐ義務はない。さらに生活保護受給者で日頃の生活もままならないばかりか、自身で契約書にサインもできないような状態だった。

 

息子本人が語る。

父が亡くなったのは35年も前です。突然、『父に、27万円の滞納分があるので支払ってください』と言われて驚きました。訳も分からぬうちに、契約書にサインを代筆されてしまった」

 

「故人契約」を巡っては、全国各地で被害者が出ている。受信料問題に詳しい、弁護士の西山寛氏が語る。

 

徴収員が被害者を騙していたのであれば詐欺に当たります。ただ受信料の被害は、目撃者がおらず立証が難しい。過払い金のための裁判も起こせず、泣き寝入りしている人は多い」

 

NHK広報局に問うと、「個別に事実関係を確認のうえ、適切に対処させていただきます。訪問員の対応に問題がある場合は、委託先への指導を徹底してまいります」と回答した。

 

引用先:文春オンライン

http://bunshun.jp/articles/-/1497

 

 

ー引用終わりー

 

 

 

あまりの捏造と偏向報道ばかり制作し、視聴者から反感を買った挙げ句、受信料不払いや契約解除が相次いでいるだけに、遂に故人(死人)からまで受信料を搾取しようと企てるとは、天下のNHK様も地に堕ちたとしか言い様がありません(笑)

 

 

>死んだ人を生きているかのように見立てて、契約を取ったこともある

 

死んだ人間からまで受信料を取り立てるこの手口、もはや詐欺犯罪集団以外になにものでも無いと思うのは、おそらく自分だけでは無いと思います。

 

 

>会社に指示を仰ぐと、『契約数が欲しいので父親を生きていることにして、支払い再開の契約書に父親の名前を記入させろ』と言われた

 

ここで言う「会社」と言うのは、NHKが受信料徴収を丸投げ(委託)している得体の知れない下請け会社の事を言っていると思いますが、契約が多く欲しいと言うお粗末な理由で、死人からまで金銭を搾取しようとする様なチンピラ会社に委託している事自体が問題だと思うし、そんな会社といつまでも委託契約をしている時点で、NHKがこのチンピラ会社に指示をしていたと思われても仕方ない(むしろ指示をしていたとしか思えないw)

 

 

>息子自身は過去に受信契約を結んでおり、本来は父親の滞納分を引き継ぐ義務はない

 

1人の人間から、受信料を二重に払わせようと言う性根の腐った体質が手に取るように分かると思います。父親の滞納分についても、「これはあなたのお父様の滞納分ですので、払わないと裁判にしますよ」などと脅迫まがいな文言をちらつかせて、息子に二重契約をさせて恐喝していたとしか思えません。

 

 

>父が亡くなったのは35年も前です。突然、『父に、27万円の滞納分があるので支払ってください』

 

35年前にお亡くなりになった父親も仰天する恐喝請求には、もはや言葉も出ないくらい呆れ果てるばかりです。

そもそも35年前に父親が亡くなって居て、長期間受信料不払いがある事が分かっているなら、すぐに契約者の事を調査すると思うのですが(最近では受信料を搾取する為に、調査や裁判を精力的にやっているNHKなだけにw)、こんな長期間沈黙をしておいて、一気に大金を不正請求すると言う悪質さには、振り込め詐欺集団もビックリする凶悪詐欺行為だと思います。

 

 

>「故人契約」を巡っては、全国各地で被害者が出ている

 

徴収員の悪質さと、上から目線の逆上せ上がりは有名ですが、どうやら全国的に凶悪犯罪を繰り返すチンピラ下請けの巣窟になっているのに驚きました。

これは「下請けが勝手にやった」なんて寝言の言い訳は通用しないですよ(笑)

 

 

>徴収員が被害者を騙していたのであれば詐欺に当たります。ただ受信料の被害は、目撃者がおらず立証が難しい

 

捏造番組を作るのが大得意な天下のNHK様ですが、こう言った巧妙な手口の詐欺を働いて、契約者を泣き寝入りさせる悪質詐欺会社に受信料徴収を丸投げ(委託)していると言うズボラな体質には、もはや開いた口も塞がりません(笑)

 

 

>訪問員の対応に問題がある場合は、委託先への指導を徹底してまいります

 

指導を徹底していくのでは無くて、そんな詐欺犯罪を平気で徴収員に指示をするチンピラ会社との契約は解除するのが当たり前だと思うのですが、それをしないで「今まで通り委託継続」をする気満々と言う文言を見る時点で、NHKは全く改善する気がサラサラ無いと言う事がよくわかります。。。

 

 

ちなみに個人的な経験なんですが、NHKの委託徴収員とのやり取りで、受信料支払い方法について「銀行振込」を強制された事があります。

その際に「今まで通り振込用紙で払います」と言ったら、その貧相な乞食徴収員に舌打ちをされ、更にはヘラヘラと笑って意味不明な事を言い出し、恫喝する様な発言を繰り広げ出したので、警察に通報したところ、ビビって逃げて行きました(笑)

 

受信料委託員など、最初は高圧的な態度で恫喝する脅迫まがいな輩が多く、受信料を不正に搾取する傾向が高いですが、実際にはこの程度のヘタレしかいません。

 

なのでNHKの悪質な恫喝、詐欺行為に泣き寝入りをする必要は無いと思います!

 

 

スマホを持ってるだけでNHK受信料を払う義務がある」みたいな妄言を吐いたアホ大臣も居ましたが、そもそもスマホとは「通話媒体(電話)」であり、テレビを視聴する媒体ではありませんので、スマホでテレビを視聴しない限り、受信料を払う必要はありません。

それに今の若い子が、スマホでわざわざ「捏造報道しかしない」テレビを観るとも思えないし、このアホ大臣の妄言が、更にNHKと言う悪質捏造放送局をつけ上がらせるキッカケになった原因でもあると思います(まぁ、それ以前からNHK徴収員は悪質な奴しか居ませんがw)

 

ましてこんな詐欺行為を容認しているNHKなどに、今後も改善など全く期待できないと言うのが、視聴者の本当の意見だと思いますし、もう日本にNHK(日本ホラ吹き協会)は必要とされていないのではないかと思います。

 

 

最後に・・・

 

 

「チンピラ詐欺徴収員の所属する下請け会社に受信料徴収を丸投げ(委託)しているNHKは、もう解体、消滅して欲しい!」

 

 

その言葉で、今回のブログは締めたいと思います。

 

それではまた。。。

 

 

↓ブログ記事内容に共感して頂けたなら↓

↓クリックお願いします↓

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   関連記事:ブログテーマ別インデックス  

                           ​​​​

     

                           ↓オススメリンク↓     ​​​​

     

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          
コメント
コメントする