スポンサーサイト

           
            

沖縄米空軍大佐が事故現場で女性を救助し、命を救っていた

            

 

 

 

 

先に一言伝えておきますが、このニュースは某地元新聞や某捏造新聞、全国紙の某虚構新聞、某変態新聞などには都合が悪いのか、記事にもしないし、テレビのニュースでも報道されませんでした。

森友学園の土地不正売却疑惑(もちろん、不正など無い)などの願望を垂れ流すのは構いませんが、こう言ったマトモなニュースも報道して頂きたいモノです。

 

(まぁ、マスゴミには「報道しない自由」と言うモノがありますから、何を言っても無視するでしょうけどw)

 

 

―以下引用―

 

米空軍大佐が事故現場で人命救助

 

【米空軍嘉手納基地

第18航空医療大隊の司令官は帰宅途中、ひとりの沖縄の女性の命が彼の医学的専門知識にゆだねられる夜になるとは思ってもいませんでした。

 

ジョン・コットン米空軍大佐が娘を助手席に座らせ車を走らせていると、自転車に乗っていた女性が車にひかれ、非常に危険な状態にある現場に遭遇しました。

 

コットン大佐は、「数台の車をよけ、すぐさま車を停車し、ハザードランプを入れ、女性を助けるため車を飛び出しました。横たわる女性の右脚は大きな傷口がパックリと開き、大量出血していました。すぐさま彼女の頭部や腹部の傷の有無を確認し、再び、最も大きな負傷部の手当てに集中しました。その頃には数名の日本人の方も助けに加わりました」と当時を振り返り説明しました。

 

激しい交通量と大きな負傷にも関わらず、コットン大佐は、自らがなすべき課題に全神経を集中し続けました。

 

コットン大佐は、「警察が到着するまでの間、彼女の傷口を押さえつづけ、救急車が到着するとすぐさま病院に搬送されました」と説明しました。

 

さらに、「その時、私ができる唯一のことは、日頃の訓練で学んだことを実践することでした。つまり、負傷者の応急処置に当たることです。訓練で学んだことを誰かのために役立てられたのは私の喜びです」と続けて説明しました。

 

ニライ消防本部の當山亨(とうやまりょう)救急係長は、コットン大佐の対応がなければ、女性は危機的状況に陥っていたのかったかも知れませんと次のように話してくれました。

 

「傷は深く、もしコットン大佐がその場に居合わせなければ、彼女は助かっていなかったのかも知れません。彼女の足は完全につぶれ、動脈も切断していました。現在、彼女はICUで治療を受けていて、容態は安定し、快方に向かっています。事故の際に助けがあったことは、まさに不幸中の幸いでした」

 

コットン大佐は、人を助けることが彼の天職であり、医学の道でキャリアを積んできた理由だと話してくれました

 

コットン大佐は、「考えて行動したのではなく、むしろ命の危機に直面している人を見て、なすべき行動を取っただけなのです。医師として、また沖縄、そして嘉手納基地に住む住人として、助けを必要としている人に手を差し伸べることは当然の行動です」と述べています。

 

コットン大佐は、自身は決してヒーローではなく、誰もがそのような場面に遭遇したら取るような行動を取っただけだと説明しています。

 

助けることができたことに感謝しています。そして地元の人たちに救援を提供することで賞賛された米軍人が多数いることも承知しています。私たちは沖縄での隣人であり、善行を行うことはよき隣人として当然のことです

 

事故直後、コットン大佐は地元機関から連絡をもらい、感謝の言葉を送られ、事故にあった女性の近況を伝えられました。

 

コットン大佐は、「連絡をもらい、近況を知らせてもらい、安心しました。時折りその後の知らせがなく、どうなっているのか気になることもありますが、彼女の近況を聞けて安心しました。正直なところ、彼女が助かったのは、救急車が到着するまでの間、しっかりと彼女の手を握ってあげたこともあるのかなと思ったりしています」と笑顔で述べてくれました。

 

コットン大佐とニライ消防本部の職員が

連携して人命救助に貢献しました

コットン大佐と握手であいさつを交わす

ニライ消防本部の職員

 

引用先:在日米海兵隊WEBサイト

http://www.okinawa.usmc.mil/news/170224-save.html

 

―引用終わり―

 

 

随分昔に、中国人の若者が駅のホームで人命救助をして、自らが犠牲になって命を落としたと言うニュースを観た時、本当に衝撃だったし、それと同時に「日本にさえ来てなければ、彼は命を落とすことも無かったのに・・・」と思った事がありました。

 

彼は反日とかそう言う感情の前に、一人の人間としてなすべき行動をして命を落としてしまった・・・そう思った時、彼は本当に素晴らしい、勇敢な若者だったのだと頭が下がる思いでした。

 

今回のコットン大佐の行動にも、本当に頭が下がる思いです。

こうやって人命救助に懸命になってくれる米軍軍人も沢山居ると思いますが、米軍軍人の功績や賞賛には、世のマスゴミは一切報道しません。

 

それどころか、沖縄基地建設予定地で、機動隊に暴力を振るったテロリストの逮捕に関して、不法逮捕だと言わんばかりな捏造や誹謗中傷報道しかしません。

この連中は、一体何処の国の報道機関なのでしょうか?

よくよく分からなくなります(笑)

 

>その時、私ができる唯一のことは、日頃の訓練で学んだことを実践することでした。つまり、負傷者の応急処置に当たることです。訓練で学んだことを誰かのために役立てられたのは私の喜びです

 

こう言う言葉が、普通に出る事が素晴らしいです。日頃の訓練で学んだ事が、こう言う時、誰かの為に役に立つ事への喜び、それを自然に行動と表現に出せる人は、日本人ですらなかなか居ないのではないでしょうか?

 

>もしコットン大佐がその場に居合わせなければ、彼女は助かっていなかったのかも知れません

 

たまたま居合わせたとしても、彼が救助活動をして居なかったら、この女性は助からなかったかもしれません。1人の女性の命を救った彼の行動、そして共に救助活動に加わった地元沖縄の人達は、本当に素晴らしいと思います。

 

>人を助けることが彼の天職であり、医学の道でキャリアを積んできた理由だと話してくれました

 

いくら医学の道でキャリアを積んできたとしても、世の中には悪辣で卑劣な犯罪を犯す医者も存在する中、こう言う事がサラリと言える人は、本当に貴重な存在だと思います。

 

>考えて行動したのではなく、むしろ命の危機に直面している人を見て、なすべき行動を取っただけなのです。医師として、また沖縄、そして嘉手納基地に住む住人として、助けを必要としている人に手を差し伸べることは当然の行動です

 

同じ沖縄に住む住人として、彼がとった行動は「助け合いの精神」以外のなにものでも無いと感じました。

基地反対派の自称沖縄県民(本土から来た活動家)の皆さんは、本当の地元住人に迷惑をかけ、更には地元の人達や機動隊を恫喝、暴行を加える様な輩とは大違いです。

 

>助けることができたことに感謝しています。そして地元の人たちに救援を提供することで賞賛された米軍人が多数いることも承知しています。私たちは沖縄での隣人であり、善行を行うことはよき隣人として当然のことです

 

オール沖縄とか自称してる連中に聞かせてやりたいです(笑)

彼らは一体どこの国の為に活動してるのでしょうか?少なくとも、地元沖縄の為に活動してる議員や活動家とは到底思えません。

むしろコットン大佐の方が、沖縄に貢献しているのではないでしょうか?

(沖縄に全く貢献しない某地元新聞とは大違いです)

 

>連絡をもらい、近況を知らせてもらい、安心しました。時折りその後の知らせがなく、どうなっているのか気になることもありますが、彼女の近況を聞けて安心しました。正直なところ、彼女が助かったのは、救急車が到着するまでの間、しっかりと彼女の手を握ってあげたこともあるのかなと思ったりしています

 

世のマスゴミが報道する米軍のイメージと、全く真逆ですね?・・・でもこれが真実なのだと思います。

自分の家族では無い、まして同じアメリカ人でも無い見ず知らずの日本人の為に心配し、女性の命に別状は無いと言う知らせに安堵してくれる、世のマスゴミが報道してる「鬼畜米兵」と言うプロパガンダとは全く違う「正義感に溢れ、心優しい米兵」が存在するのです。

 

これが真実だと思います。

 

そう言えば、今回の件で、あの「自称オール沖縄」の翁長知事は、この事について感謝の意は表明したのでしょうか??

 

「沖縄返還」と言う大義名分に託けて、公費(沖縄県民の税金)でアメリカ旅行に行く暇があったら、こう言う事に知事としてもっと行動を示して頂きたいものです。

 

(沖縄県知事としての自覚があるのかすら疑わしいし、沖縄の為に働いているのかも疑問です)

 

あと、自称日本のマスコミの皆さん、公平な報道をしてこそ「マスコミ」を名乗れるのですよ(笑)こう言う事をちゃんと報道しないし、むしろ捏造ばかり報道するから「マスゴミ」「カスゴミ」なんて揶揄られるって事をいい加減気付いてくださいね(笑)

 

最後に...

 

 

「米空軍のコットン大佐、本当にありがとう!」

 

 

その言葉で、今回のブログは締めたいと思います。

 

それではまた。。。

 

 

↓ブログ記事内容に共感して頂けたなら↓

↓クリックお願いします↓

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   関連記事:ブログテーマ別インデックス  

                           ​​​​

     

                           ↓<相互リンク>↓​​​​

     

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          
コメント
コメントする