免責事項

スポンサーリンク

          

            

NHK情報番組「ガッテン!」睡眠薬で糖尿病治療が出来ると言う捏造放送に対して開業医が反論

            

 

 

 

 

NHK情報番組『ガッテン!』での睡眠薬で糖尿病が治ると言うフレーズの誤解を招く番組が波紋を呼んでいる。

よくあるインターネット上の医療系に関する情報なら、ほとんどが『サプリメント』を販売する為の怪しいアフィリエイト目的の捏造情報などが横行し、少しでもネット事情を知っている方ならまず信用しないと思いますが、NHKと言った大手テレビ局がこう言う情報を流すと、それを信用する人はまだまだ多いのが現状です。

 

それが故に、今回のNHKの番組内の捏造は、こう言った医療業界に『混乱』を招く原因となる為、ここまで問題になっていると言っても過言ではない。。。

 

 

ー以下引用ー

 

 

NHK『ためしてガッテン』睡眠薬で糖尿病治療に開業医が激怒

 

NHKの人気番組『ためしてガッテン』で2017年2月22日に放送された『最新報告! 血糖値を下げるデルタパワーの謎』の内容が誤解を招くものだったとして番組で謝罪をする事態に陥っている。

 

問題となった内容は「睡眠薬を使って睡眠障害を改善すると糖尿病の治療や予防ができる」というものだ。

 

開業医の医師Aさんに話を聞いた。

 

「私のクリニックにも放送日の翌日に放送を見た患者さんが来たんです。病歴は存じ上げていて、これまで糖尿病になったことも血糖値に異常が出たこともありません。その方に『健康になる睡眠薬があるとテレビで見たので処方してほしい』といわれたのですが、放送内容を知らなかったので何のことかさっぱりわかりませんでした」

 

事情を聞きだし、番組の内容に疑問を持ったAさんは患者さんに説明して納得してもらったという。不眠になったから睡眠薬が欲しいといわれれば薬を処方したり、専門医を紹介したりと対応できるが、訳のわからない内容で薬を出すわけにはいかない

 

Aさんはきっぱりと言う。

 

「NHKだから『きっと正しいに違いない』と疑問を持たない患者さんはたくさんいますインターネットで謝罪しても、それを見ていない患者さんも多いので、おそらく医療現場の混乱はもう少し続くでしょうね」

 

Aさんは医師仲間数人と、この放送について話し合ったところ、全員が内容に強い違和感を持っていたという。なかには「睡眠薬メーカーの営業担当者にうまく乗せられたのでは?」と疑う医師までいたそうだ。

 

しかし、一番の問題点はこうした不確実な医学情報に振り回されて健康を損ねることだとAさんは力説する。

 

「今回紹介されていた睡眠薬は比較的副作用の少ないものですが、それでも頭痛を起こす人もいます。決して、健康になりそうといった曖昧な根拠で使用するものではありません」

 

ネット上の「いい加減な医療情報」が話題になったばかりだが、テレビにも信用できない情報はたくさんある。結局は自分で真偽を確認するか、信用できる医師に相談する以外ない。情報が増えすぎた時代のトンデモ医学に惑わされないようにしたいものだ。

 

引用先:Smart Flash

http://smart-flash.jp/sociopolitics/16899

 

 

ー引用終わりー

 

 

 

捏造放送があった次の週の番組の冒頭での謝罪画像

 

 

記事中に『ためしてガッテン』と表記してますが、これは昔の番組名で、今は『ガッテン!』と言うタイトルの番組名に変更されてます。

 

>睡眠薬を使って睡眠障害を改善すると糖尿病の治療や予防ができる

 

これが実際事実だとしたら、もう医療界を騒がせる様な大発見だと思います(笑)

それを医療関係者でも無いNHKが発見出来るとは到底思えないし、こう言った適当な願望をあたかも『大発見』かの如く垂れ流す行為は『悪質』以外のなにものでも無いと自分は思います。

 

>健康になる睡眠薬があるとテレビで見たので処方してほしい

 

この文章を読むかぎり、まだまだテレビの情報を鵜呑みにしている人が沢山居ると言う事がよくわかります。

政治に関する捏造報道は毎度の事なので、今更どうこう言うつもりは無いですが(笑)、健康や医療に関しての情報の捏造は、健康を害したり、最悪命に関わる問題にもなりかねないので、せめてこう言った項目の内容だけは捏造しないで頂きたいモノです。

 

>訳のわからない内容で薬を出すわけにはいかない

 

これは『医師』として当然の義務を果たしている。しかしNHKは医療関係者ではないのをいい事に、適当な情報(捏造)を平然と垂れ流しています。

 

>「NHKだから『きっと正しいに違いない』と疑問を持たない患者さんはたくさんいます

 

一応公共放送で、普通の民放と違って『お堅い』イメージのNHKが、こう言った情報を流すと、信用(鵜呑みに)する視聴者はまだまだ沢山居るという事です。

 

>インターネットで謝罪しても、それを見ていない患者さんも多いので、おそらく医療現場の混乱はもう少し続く

 

そもそもインターネットで謝罪しても、インターネットを見ない人も沢山居るし、番組でも、冒頭部分でチョロっと謝罪したのですが、最初の冒頭から観て居ない視聴者には、その『捏造謝罪情報』は知るよしもない。。

 

>「睡眠薬メーカーの営業担当者にうまく乗せられたのでは?」と疑う医師までいた

 

これに関しては、一部の医師の個人的な意見での『疑惑』ですので、こう言う事があったとはハッキリ断言できませんが、これまでNHKは某ネット通販会社や、某家電メーカー、某健康食品メーカーなどの推奨行為をしており、『皆様から頂いた受信料で、企業のステマ情報をお送りします』と言う疑惑の報道を多数垂れ流して来た過去を観ると、そう言う疑いが出たとしても無理は無いと思うし、もしこれが『事実』だったとしたら、『公平な報道を徹する為に受信料を徴収する』を謳っているNHKなだけに、トンデモない偏向ステマ報道をした事になります。

 

>「今回紹介されていた睡眠薬は比較的副作用の少ないものですが、それでも頭痛を起こす人もいます。決して、健康になりそうといった曖昧な根拠で使用するものではありません」

 

この医師のAさんの見解では、ガッテン!で放送された内容はデタラメだったという事が確認できるかと思います。

 

>ネット上の「いい加減な医療情報」が話題になったばかりだが、テレビにも信用できない情報はたくさんある

 

ネット上の『健康になる』とか『○○が治る』とか、そう言った記事は、執筆者(ブログ主)が医療関係者(医師、看護師など)でない場合、何かの商品を買わせようとする為に、デタラメな情報を垂れ流している輩が多いですが、公共放送であるNHKがデマと捏造を垂れ流したら、そう言ったネットの嘘の情報よりタチが悪いと思います。

 

なぜなら、ネットの情報より、NHKを視聴している人の方が、残念な事に未だに(ケタ違いに)多いからです。

 

 

『貧困女子高生』やら『手ぶらチェキ』、『多重債務者ブローカー』などの数々の捏造、やらせを番組にして、その度に問題になっていろんな方面から叩かれて来たNHKですが、懲りもしないでまた捏造、やらせを放送するという開き直った精神には呆れるほか何もありません。

 

これからは『次は一体どの番組で捏造するのか?』というのだけを楽しみに、これからも観ていこうと思います。

(NHKの情報番組の内容は全く信用してませんが、受信料を払ってる以上、視聴する権利はあると思いますのでw)

 

最後に・・・

 

『政治の捏造を垂れ流したとしても、健康医療に関するデタラメな内容や捏造だけは垂れ流さないで欲しい!』

 

その言葉で、今回のブログは締めたいと思います。

 

それではまた。。。

 

↓ブログ記事内容に共感して頂けたなら↓

↓クリックお願いします↓

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   関連記事:ブログテーマ別インデックス  

                           ​​​​

     

                           ↓オススメリンク↓     ​​​​

     

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          
コメント
コメントする