スポンサーサイト

           
            

【自己中心的願望社説】東京新聞が共謀罪(テロ等準備罪)について個人的願望を熱く語るwww

            

 

 

 

 

連載記事「新貧乏物語 子どもたちのSOS」の悪質な捏造で有名な東京新聞ですが、またまた意味不明な保身の為の願望を社説にしている事が話題になっています。

 

 

―以下引用―

 

 

「共謀罪」 市民監視の脅威となる

 

政府が創設したい「テロ等準備罪」の原案は、やはり「共謀罪」と趣旨が同じだ。処罰対象を二百七十七の罪名に絞り込んだというが、一般市民が対象となりうる罪も含み、到底賛成できない。

 

安倍晋三首相は「二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックに向けて創設が不可欠だ」と国会で強調した。だが、これは国民を誤信させる。あたかもテロ対策の法案だと思わせるからだ。

 

実際に明らかになった原案には、テロの定義もテロの文字もなかった。これでは看板と中身が一致しない。しかも、目的は国連の国際組織犯罪防止条約の締結であるから、どう考えても共謀罪である。

 

国連が求めるのは、国境をまたぐマフィアなど組織犯罪対策だ。金銭的・物質的な利益を得る犯罪、つまり麻薬や人身売買、マネーロンダリング(資金洗浄)などが念頭にある。国連の立法ガイドには「目的が非物質的利益にあるテロリストグループは原則として含まれない」と記していることからも明白だ。

 

日本の場合、共謀罪を創設しなくとも、マフィアや暴力団などの犯罪に対処できる国内法は十分に整っている。とくに重大な犯罪については、十三の共謀罪、三十七の予備罪も持っている。つまり現行法のままで条約を批准できる−。そんな議論によって、過去三回、この法案を阻止・廃案にしてきた経緯がある。

 

今回の場合は、政府が法案に「テロ」を冠することにより、テロに対する国民の不安を利用し、共謀罪を成立させる発想があるのではないか。そう疑われても仕方があるまい。政府は現在、法案にわざわざ「テロ」の文字をあえて入れる方針を決めたが、あまりに本末転倒である。

 

処罰対象の罪を六百七十六から二百七十七に絞ったが、一般市民が対象になる恐れが残っている。実際に、正当な活動をしている普通の団体であっても、その目的が「犯罪を実行する団体」に一変したと認定されれば、「組織的犯罪集団」とみなされる。政府はそんな見解を出している。その判断は捜査機関などが担うのだ。

 

極めて危うい。これでは一般市民が「座り込みをしよう」と話し合い、準備にとりかかれば、何らかの犯罪行為とみなされて、一網打尽にされる可能性がある。こんな発想を持つなら、もはやマフィア対策どころか、狙いは市民監視にあると疑われよう。

 

引用元:東京新聞Web

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017030402000170.html

 

 

―引用終わり―

 

 

さすが日本国民の事を『日本市民』などと意味不明な呼称をするパヨクの味方東京新聞だけあって、単なる願望と保身の為だけに、読者を洗脳するのに必死な社説まで書いていたことには驚きです(笑)

 

 

>一般市民が対象となりうる罪

 

これは善良な一般市民は対象にはなりません。

国家転覆を目論む野党(烏合)連合の連中と、嘘を垂れ流している自分たち捏造新聞社との結託は、既に一般市民ではなくただの反日テロリスト集団で、それらが『一般市民』だと名乗っている時点でおこがましい(笑)

 

安倍晋三首相は「二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックに向けて創設が不可欠だ」と国会で強調した。

 

この文言は当然の事であり、別に安倍総理が特別『良い事』を言っているのではなく、当たり前の事を言っているだけに過ぎない。

しかし、東京新聞の同志(お友達)の民進党議員は、政権を担っていた奇跡のボーナスステージの3年余りの間に、この当たり前の事すら言及できなかったですね(笑)

 

>実際に明らかになった原案には、テロの定義もテロの文字もなかった

 

『テロ』の文字が無いと言うだけで騒いでいると言うのがまた面白いですねw

 

自分たちがやっている反日捏造記事で、誤認情報を振りまく行為が『テロの定義ではない』と言ってしまえば、今回公表された原案には、テロの定義が無いことになります(笑)

しかし、東京新聞がよく書く捏造記事や、人を貶める内容の誹謗中傷記事が『テロの定義』とも言える行為で、これらを本人たちがテロ行為ではないと言う言い訳に過ぎず『テロの定義が無い』などと妄言をばら蒔いているだけの事です。

こう言う一般市民を惑わす様な記事を書いて、扇動を目論む事自体が『テロ行為』なのに、よくもまぁ寝言の願望を社説で書けたものです(笑)

 

>国連が求めるのは、国境をまたぐマフィアなど組織犯罪対策だ。金銭的・物質的な利益を得る犯罪、つまり麻薬や人身売買、マネーロンダリング(資金洗浄)などが念頭にある。国連の立法ガイドには「目的が非物質的利益にあるテロリストグループは原則として含まれない」と記していることからも明白だ

 

いや、今回の『テロ等準備罪』に関しては、国連憲章や国際法ではなく日本国内の『国内法』ですからwww

こう言う時だけ『国連』を都合よく出してくるとは、法の趣旨が全く解っていないのでしょう(笑)

 

>共謀罪を創設しなくとも、マフィアや暴力団などの犯罪に対処できる国内法は十分に整っている

 

自虐史観や反日捏造記事で、国内を混乱に陥れようとするマスゴミのテロ行為を取り締まる国内法がまだ整ってませんよね??

自分たちの凶悪捏造記事を取り締まられるのが非常に都合が悪いと言うだけの理由で『これは必要ない』なんて印象操作はやめて頂きたいものです。

 

>政府が法案に「テロ」を冠することにより、テロに対する国民の不安を利用し、共謀罪を成立させる発想があるのではないか。そう疑われても仕方があるまい。

 

テロに対する国民の不安を煽ってるのは、むしろ東京新聞を含む、反日マスゴミの大袈裟な偏向報道が原因ですし、それを如何にも政府が国民を扇動して、あたかもそう煽ったと言う疑いをでっち上げているのも東京新聞を含むマスゴミじゃないのでしょうか??

 

>あまりに本末転倒である。

 

捏造や偏向報道の記事ばかり書いた結果、新聞の発行部数の減少、テレビの視聴率低迷を招いた事で、マスゴミは既に本末転倒しまくってるのに、彼らが人を心配(批判)する余裕がまだ有った事に驚きです(笑)

 

>正当な活動をしている普通の団体であっても、その目的が「犯罪を実行する団体」に一変したと認定されれば、「組織的犯罪集団」とみなされる。

 

例えば、自称ボランティア団体として設立されたNPO法人が、実はテロリスト集団が世を憚る為の隠れ蓑にしていた事が判明したら、組織的犯罪集団とみなされるのは当然だし、かのオウム真理教は、ただの新興宗教団体として届出をしていたが、中身はテロリスト集団だった事が判明している。

「犯罪を実行する団体」に一変したテロ集団を、組織的犯罪集団とみなす事のどこが悪いのでしょうか?

 

>一般市民が「座り込みをしよう」と話し合い、準備にとりかかれば、何らかの犯罪行為とみなされて、一網打尽にされる可能性がある。こんな発想を持つなら、もはやマフィア対策どころか、狙いは市民監視にあると疑われよう。

 

座り込みをする時点で、もうマトモな一般市民では無いと思うのですが(笑)

 

 

※道の真ん中に不法な座り込みをする有田ヨシフ(民進党)と福島瑞穂(社民党)

 

この様に一般市民を装ったテロ行為に対しての監視であり、善良な一般市民に対しての監視にはならない。

むしろこう言った『一般市民を装ったテロ集団』を監視する事は、本当に今回の共謀罪(テロ等準備罪)成立には意義があると思います。

 

 

結局のところ、今回の共謀罪が成立する事で、一番困るのは『捏造と偏向』を平然と報道して、日本の治安を攪乱するマスゴミと、根も葉もない誹謗中傷を垂れ流し、売国反日で日本を転覆させる為なら手段を選ばない自称日本市民とか言う野党(烏合)連合などであり、善良な一般国民には不利になったり、人権を侵害されたりする事は1つも無いと言う事だけは理解できました。

 

まぁ。どれだけ社説で願望と偏向捏造を謳ったところで、共謀罪(テロ等準備罪)の成立は時間の問題だと思いますので、今後はマスゴミも心を入れ替えて、もっとマトモな事を報道する事に専念して頂きたいモノです(笑)

 

(どうせ体質は今となにも変わらないとは思いますがw)

 

 

最後に・・・

 

『東京新聞は、こんな願望を社説で書く暇があったら、もっとマトモな記事を書きなさい(笑)』

 

 

その言葉で、今回のブログは締めたいと思います。

 

それではまた。。。

 

↓ブログ記事内容に共感して頂けたなら↓

↓クリックお願いします↓

 このエントリーをはてなブックマークに追加 ​​​ 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   関連記事:ブログテーマ別インデックス  

                           ​​​​

     

                           ↓<相互リンク>↓​​​​

     

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          
コメント
コメントする