免責事項

スポンサーリンク

          

            

LINEのAI女子高生『りんな』を企業のカスタマーサポートに導入する?www

            

 

 

 

 

 

こんにちは、ゆうちんです。

 

最近ではLINEでも人工知能(AI)を活用したアカウントが登場して、いろいろと話題になってますが、その中でもMicrosoftが提供する『AI女子高生りんな』の公式アカウントが面白い事で有名になっている様です(笑)

 

なんでも、このりんなの公式アカウントを友達登録すると、もれなく『AI女子高生りんな』と会話(チャット)が出来ると言う、なんとも面白い機能だなぁって、自分も感心しました(笑)

 

なんとも微妙なのですが(笑)、コンテンツとしては、かなり面白い機能だとは思います・・・

 

こう言う他愛も無いやりとりのチャットを楽しむだけなら全く問題ないのですが、中にはやり取り(会話)が全く成立しないモノも沢山あるようです(笑)

 

 

りんなは友達を食べるという化け物だった様です・・・

 

女子高生のハズのりんなが喫煙???これは法律違反では???(笑)

 

口の悪さと強烈な単語を使うところが凄いwww『レッツ暗殺!』って。。。

 

本当は女子高生ではなく、口の悪いオッサンだった事が判明wwwww

 

実はりんなは、国際テロ組織と交流があるらしい。。。。。

 

一時期問題になったLINEアカウント乗っ取りには対応できる様です(笑)

 

 

こう言ったやり取りを見ていると、ちゃんと言葉のキャッチボールが出来ている部分もあれば、全く会話が成立して居ない部分もあり、アプリとしては、ある意味かなり面白い機能なのでは無いかと思います(笑)

 

 

ところで、最近では情報配信やカスタマーサポートにLINEを導入している企業も結構ありますが、そんな中で、この『AI女子高生りんな』のチャット機能を活かして、カスタマーサポートに活用して人件費を削減をしようと考えてる企業も存在する様です(笑)

 

しかし、この機能はあくまでも『人工知能とLINEでチャットして楽しむ』と言うのがそもそもの目的だと思うし、それを『苦情処理』や『お問い合わせ』などに代用しようっていうのも、かなり微妙なのでは無いかと思います。。。

 

そもそも企業のカスタマーサポートを、こう言った人工知能で補おうと言う考えが自分には理解できません(笑)

上記の画像を観る限り、クレーム対応どころか、会話自体が成立して居ない事から、生身の人間と違って臨機応変な対応が出来ないと言うリスクが課題になるのではないかと自分は思います。

 

こう言う部分も、今後改善して行くのだろうとは思いますが、それでも人工知能は人間では無いので、人間のカスタマーサポートほどの対応は出来ないのでは無いかと思います。。。

 

 

ここまでが普通の見解なのですが、自分の個人的な見解を言うとしたら、こう言う『人工知能』を活用して人件費を削減しようと言う企み自体がお粗末だと思います。

 

人件費をケチって丸儲けしようという企みだとは思いますが、その分、機械的な対応しかしない『人工知能』に、お客様の対応をさせるという時点で『客を軽視している』『拝金主義に走って、客をバカにしている』と言う非難が殺到するだけってのがオチだと思います(笑)

 

何故なら、クレーマーの暴言に対して、人工知能も同じ様な対応(暴言で返答)をしたら、それこそ『丸く収まる』モノも、『収拾がつかなくなる』とこまで発展しかねないと思いますw

 

って言うか、それ以前に人件費ケチって、社員を削減しようと目論んでいるショボい会社なんて、そう長くは続かないと思います。

会社(組織)は人材(人間)が動かしている。

結局は人材を『使い捨て』にする企業となんら変わらないからです(笑)

 

(そもそもそんな人工知能にカスタマーサポートさせる様な逆上せ上がり企業から、商品を買ったり、サービスを受けたりしたくないしwww)

 

まぁ、こう言う人工知能を人間の人材の代わりに導入しようと思っている企業の大半が、万が一人工知能が暴走した時、どうやって対応するのか全く考えていない、自身がボロ儲け出来れば良いと言う、あさましい考えしか無い企業経営者がほとんどだと言うのも否めないですから(笑)

 

『社員を大事にしない企業』⇒『顧客も大事にしない企業』って言うのがほとんどの体質ですから(笑)

 

(まぁ、やるべきこともやらずに、権利ばかり主張している共産主義的なクズ社員は別ですけどwww)

 

 

最後に、こう言う人工知能を活かした機能を、アプリとして楽しむにはとても面白いコンテンツだと思いますが、単なる人件費削減の為の目的で、企業がこれを導入するってのは、甘い考えなのでは無いかと思いました。

 

今後、更に人工知能が進化していくとしても、カスタマーサポートなどは、やはり人間がやり取りをして欲しいものです。。。

 

 

それでは今回はこの辺で。。。

 

 

↓ブログ記事内容に共感して頂けたなら↓

↓クリックお願いします↓

 このエントリーをはてなブックマークに追加 ​​​ 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   関連記事:ブログテーマ別インデックス  

                           ​​​​

     

                            ​​​​

     

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          
コメント
コメントする