免責事項

スポンサーリンク

          

            

【自衛隊侮辱発言】石嶺香織宮古島市議『辞職する気は全く無い』自衛隊関係者『法的措置も考えている』

            

  

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

個人的には『沖縄問題』に関しては、こればかりは現地の住民の方の本当の心境と言うモノは、ハッキリ分からない問題ですから、真実はどうなのか分かりません。

結局は、現地住人の方にしか分からない問題や感情事なので、今後も自分は時事ネタ記事で沖縄問題を書く事はほとんどないと思います。

 

しかし、そんな沖縄問題を政争の具に使う様な『自称沖縄人』の本土(福岡)からやってきたプロ市民で、どさくさに紛れて宮古島市議になった女の、自衛隊に対しての侮辱発言だけは許せないので、今回は第二弾として書かせて頂きます。

 

 

―以下引用―

 

「陸自来たら婦女暴行起こる」

 

宮古島市議の石嶺香織氏(36)が自身のフェイスブック(FB)上に「陸上自衛隊が宮古島に来たら、絶対に婦女暴行事件が起こる。軍隊とはそういうもの」などと投稿し、全国から批判する書き込みが殺到した。その後、石嶺氏はFB上で釈明し、投稿を削除。13日には宮古毎日新聞社の取材に「事実に基づかない表現だった。おわびして撤回する」と謝罪した。自衛隊関係者からは「自衛隊に対する侮辱的発言だ」などと批判の声が上がり、法的措置も視野に入れた対応を取る方針を示している。議員辞職を求める声も上がっており石嶺氏は「私自身は、宮古島に基地を造らせたくないという気持ちがある。それを実現するために頑張りたい」などと述べ、辞職しない考えを明らかにした。

 

石嶺氏が9日に投稿した内容は、陸自が米国で海兵隊と訓練をしているニュースを取り上げ。陸自がカリフォルニアでの演習に参加した際の写真も添付した上で「海兵隊からこのような訓練を受けた陸自が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる」とした。


さらに「軍隊とはそういうもの。沖縄本島で起こった数々の事件がそれを証明している。宮古島に来る自衛隊は今までの自衛隊ではない」などと続けた。


この投稿に批判が集中したことを受け、石嶺氏は「私の言葉足らずな表現から、意図するところとは違うさまざまな誤解を生んでしまった」と再度投稿し釈明、謝罪したが、再び批判が殺到したため、この投稿も削除した。


石嶺氏は13日、本紙などの取材に、「沖縄本島で米軍による事件や事故が多発していることへの強い不安と、陸自が海兵隊の訓練を受けていることを結びつけ、不適切な表現をしてしまった」と謝罪した。


議員辞職の声が上がっていることについては、約1分間の沈黙の後、口を開き「表現に不適切な部分があったことは認めるが、自衛隊の方を侮辱したり差別する気持ちがあるわけではない」と強調。その上で「私自身は宮古島に基地を造らせたくないという気持ちと、宮古の女性と子どもたちが安心して暮らしてほしいという気持ち、自衛隊の方たちが精神的に大きな負担を強いられるような訓練をしてほしくないという気持ちを持っている。この三つの点を実現するために頑張りたい」と述べ、議員を続ける考えを示した。


石嶺氏の投稿を受け、宮古地区自衛隊協力会(野津武彦会長)などは、12日に会合を開き、今後の対応を協議した。


野津会長は13日の本紙の取材に「自衛隊に対する侮辱的発言だ。黙って見過ごすわけにはいかない」と述べ、法的措置も視野に今後の対応を検討する方針を示した。


全国の宮古島出身隊員は陸・海・空合わせて275人。その家族で構成している宮古地区自衛隊家族会の池村英三会長は「家族として侮辱された感じ。議員は発言に責任を持つべきだ」と話した。


防衛省が進めている宮古島市への陸上自衛隊配備計画では部隊の人員規模は700〜800人の予定。


石嶺氏は、宮古島市への陸自配備反対や命の水を守ることなどを公約に掲げ、今年1月22日に行われた市議会補欠選挙で7637票を集め初当選した。


石嶺氏の投稿を巡っては、市議会事務局に10日と13日にあわせて約25件の内容を批判する電話のほか、市民からの相談などを受け付ける市民生活課には10日だけで3件のメールがあったという。

 

引用元:宮古毎日新聞

http://www.miyakomainichi.com/2017/03/97889/

 

 

―引用終わり―

 

 

正直、これだけ問題発言(自衛隊侮辱発言)をfacebookで堂々としておきながら『議員は辞めない』などと言う公職の立場と給料に執着心やツラの皮の厚さを剥き出しにする態度には、むしろ気持ち悪ささえ感じます。。。

 

↓過去記事でも、同じ様な事を書いたので、気が向かれましたらこちらもどうぞ↓

【石嶺香織宮古島市議に関する記事 

 

 

>「海兵隊からこのような訓練を受けた陸自が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる」

 

これは明らかに『自衛隊は犯罪集団だ』と言わんばかりな暴言なのは、誰が読んでも明らかだと思います。

 

 

>「軍隊とはそういうもの。沖縄本島で起こった数々の事件がそれを証明している。宮古島に来る自衛隊は今までの自衛隊ではない」

 

前にも同じ事を書いたのですが、なぜこのババアは『人民解放軍(支那共産党)』の虐殺行為や、尖閣諸島領海侵犯の暴挙に関しては沈黙して、自衛隊やアメリカ海兵隊だけを叩くのか理解に苦しみます。

 

 

>「私の言葉足らずな表現から、意図するところとは違うさまざまな誤解を生んでしまった」

 

 

自衛隊が絶対に婦女暴行を行う

上の画像(記事の魚拓)にもある様に、この女がfacebookに暴言記事(今は削除して逃亡)をアップした内容は、何度読み返しても『意図するところの表現』は、自衛隊が絶対に婦女暴行を行うと言う文章がハッキリと書かれている。

 

 

>「沖縄本島で米軍による事件や事故が多発していることへの強い不安と、陸自が海兵隊の訓練を受けていることを結びつけ、不適切な表現をしてしまった」

最初の記事が炎上後、この女は状況が悪くなったのか、焦って上の記事をアップしたのですが、ここにハッキリと根拠の無い捏造だったと自ら認めているのが分かると思います。

そして、謝罪するだけで終われば良かったものの『殺しても何とも思わないようになっていれば、婦女暴行も何とも思わないでしょう』などと、また勝手な決めつけの持論を展開したモノですから、余計に炎上(直後これも削除して逃亡)

 

 

>「私自身は宮古島に基地を造らせたくないという気持ちと、宮古の女性と子どもたちが安心して暮らしてほしいという気持ち、自衛隊の方たちが精神的に大きな負担を強いられるような訓練をしてほしくないという気持ちを持っている。この三つの点を実現するために頑張りたい」と述べ、議員を続ける考えを示した。

 

宮古の女性や子供たちは、むしろこのババア(福岡出身)の様な共産党のプロ市民が来てから、宮古島の治安が脅かされるようになったと言う方が正しいと思います。

それに、あれだけ自衛隊を侮辱する様な暴言をfacebookに投稿しておきながら、今度は『自衛隊は過酷な訓練をするな』みたいな妄言までセットについてくると言う、主張がコロコロ変わる上に、最後には『議員を辞める気はサラサラ無い』みたいな事を言う始末。。。

 

このババア(福岡から来たプロ市民)が言う『三つの点を実現する』と言うのは、むしろこのfacebookに投稿した記事の様な暴言を平然と吐く過激派共産党員が議員辞職する事こそが、宮古の女性や子供たちの安全、自衛隊の負担がかなり減るんじゃないかと自分は思います。

 

 

>野津会長は13日の本紙の取材に「自衛隊に対する侮辱的発言だ。黙って見過ごすわけにはいかない」と述べ、法的措置も視野に今後の対応を検討する

 

当然の事だと思います。

このババア(福岡出身)は、『島民が安心して暮らせる様に頑張る』と言っておきながら、島民出身の自衛隊員が島に駐屯する事になっても『海兵隊の訓練を受けた自衛隊だから、島出身でも島には住むな!』と言わんばかりな暴言をfacebookにヌケヌケと書いたのですから、宮古島の自衛隊員の家族が激怒するのは、当然の事だと思います。

 

>全国の宮古島出身隊員は陸・海・空合わせて275人。その家族で構成している宮古地区自衛隊家族会の池村英三会長は「家族として侮辱された感じ。議員は発言に責任を持つべきだ」

 

元々宮古島出身でもない、福岡出身のよそ者のババアに、宮古島出身の275人を含む自衛隊員が、これだけの侮辱発言を受けたのですから、むしろ責任をとって議員辞職請求(リコール請求)及び侮辱罪で刑事告訴までしても良いくらいだと思います。

うわべだけの謝罪だけして、全く責任も取らずに議員を続けようと言う、ツラの皮が厚いババアは、内心では責任など全く考えてない様にしか見えないです。

 

にしても、これだけの問題を起こしておきながら、議員辞職もしないで、いつまでも議員の立場にしがみつくところを見ると、結局この女は『基地問題』を大袈裟に騒ぎ立てて地元を攪乱し、議員報酬を搾取している様なインチキ平和主義者だと言う事だけはよく分かりました。

 

 

最後に・・・

こう言うアホを輩出しない為にも、年寄りだけに選挙に行かせるのでは無く、若者から中年にかけた年齢層も、選挙に行って、ちゃんと地元に貢献してくれる『地元出身の議員』を選ぶべきだと思います。

 

間違っても、こう言う『自称沖縄県民』の、よそから来た『プロ市民』など当選させた時には、こう言った事になると言う事を覚えておかなければならないと思います。

 

 

それでは今回はこの辺で。。。

 

 

↓ブログ記事内容に共感して頂けたなら↓

↓クリックお願いします↓

 このエントリーをはてなブックマークに追加 ​​​ 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   関連記事:ブログテーマ別インデックス  

                           ​​​​

     

                            ​​​​

     

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          
コメント
このような人を議員にした島民の責任でしょう、これを薬に今後しっかりと人物を見て投票しましょうね。私たち日本人はかなり平和ボケが長いですから島民の方々ばかりが選択を誤ったとは言えませんが本当に良い経験になったと思います。
  • June
  • 2017/03/23 12:28 AM
>Juneさん

コメントありがとうございます。
全く仰る通りだと自分も思います。
島民の方に限らず、他の地域に住む住民も他人事では無く、むしろ我々自身が公職に選ぶ人物をシッカリと見極めた上で、選挙で投票する事が重要なのではないかと思います。
コメントする