免責事項

スポンサーリンク

          

            

ネット上でチャットを数回やっただけで相手を恋人認識してしまう人達

            

 

 

こんにちは、ゆうちんです。

 

 

最近では、インターネットで知り合った異性と、ある程度チャット等で交流しただけで、相手を「彼女」あるいは「彼氏」だと思い込む人が、意外にも多いらしい。

 

例えば、同じ境遇、同じ趣味、似た様な主張や考えを持った相手と、SNSなどで知り合って、チャットなどで盛り上がる事も少なくないと思う。

 

そう言ったやり取りで、お互いに楽しい気持ち、共感する気持ちになるのは分からないでもない。

 

特にその相手が、異性なら尚更の事だと思うし、そんな中で、もしかしたら恋愛感情が芽生える事もあるかもしれないし、お互い意識し合う事があっても不思議ではないかもしれない。

 

しかし、その数回のチャットでの交流では、まだ相手を直に見た訳でも無ければ、もちろん会った事など一度もない。。

 

その段階では、まだ完全にネット上の関係であって、万が一相手に恋愛感情を持ってしまったとしても、そこから進展するとしたら、実際に相手にコンタクト(実際会う)を取らなければ、現実には進展などあるワケがない。

 

 

しかし、本来そんなやり取りと手続き(っと言う言い方はおかしいかも...)を踏んで、実際に相手に会う事が実現して、ようやくリアルな友達への進展が始まるハズなのだが、最近では多少SNSなどのチャットを数回繰り返しただけで、相手の事を「恋人」だと勝手に思い込む(むしろ決め付ける)人が増えている。

 

 

このブログを読んでいる方の中で「オイオイそんな事、現実には無いだろ!」とか「スマホやPCで少しチャットした程度で、相手を彼女、あるいは彼氏...なんて思い込んだりするヤツなんか居ないだろ!」と言う方も沢山いらっしゃると思います。

 

普通の考えや精神をお持ちの方なら、おそらく99%の人が、そう思うのが自然だと思いますし、むしろそれが正常なのだと自分も思います。

 

 

しかし、この広大なインターネットの世界には、普通ではあり得ない(むしろ思い付かない)考えの人も居る事に、自分自身驚いている。。。

 

 

ある若い女の子と、ブログを通じて知り合った時の話ですが、その子が付き合っていると言う彼氏の話題になった。

今の若い子が、恋人とどんな過ごし方をするのか?...はたまたどんな会話をするのか?

自分自身興味があったし、今の世の中、どんな恋愛模様があるのか知りたかったが...

 

話を聞いた時、自分は驚くばかりで、むしろ恐ろしさまで感じた。。。

 

 

 

そのやり取りを、少しだけ書くと...

 

 

ゆうちん「その彼氏とはどのくらい付き合ってるの?」

 

女の子「うん♪もうすぐ1年になるよ」

 

ゆうちん「ふ〜ん、どこで知り合ったの?って、もちろん学校かバイト先とかだよね(笑)」

 

女の子「ちがうよー」

 

ゆうちん「ん?学校とかバイトじゃないって、じゃあ近所の幼馴染とか?」

 

女の子「ネットだよ」

 

ゆうちん「ネット???」

 

女の子「スカイプで知り合った」

 

ゆうちん「それは驚いたよ・・・」

 

女の子「でも何か最近うまくいってないしー」

 

ゆうちん「ケンカでもしたの?」

 

女の子「うん・・・」

 

ゆうちん「原因はよく分からないけど、とりあえず今度彼氏と会った時に謝っときなよ」

 

女の子「会うって言っても、まだ会った事ないー。。。」

 

ゆうちん「え???会った事も無いのに付き合ってるの?」

 

女の子「うん、ちなみに住所もしらないー」

 

ゆうちん「それって付き合ってる事にならないんじゃない?」

 

女の子「ううん、付き合ってるよー♪」

 

ゆうちん「それってバーチャル恋愛??」

 

女の子「違うよ!ホントに付き合ってるもん」

 

ゆうちん「・・・・・」

 

 

ざっくりと書くと、こんな感じだった。。。

 

 

これって付き合ってる事になるのだろうか?

 

 

自分の世代では、まずこんな事はあり得なかったし、むしろそれを「付き合っている」と言う認識は無かった。

 

たしかに今は、いろいろと悩みを抱える人達が増えた事もあって、いわゆる恋人や伴侶(夫婦)以外と、SNS上のみで実際には会わないのが条件の「擬似恋愛(バーチャル恋愛)」と言うモノが流行っている事は聞いた事があったが、その女の子からすれば、擬似恋愛と言う認識では無く、むしろ本当に付き合っていると言い切るくらいだった。

 

 

インターネットが普及して、今では小学生の子でもスマホを持っている時代・・・

 

SNSや出会い系サイトなどの普及に伴って、インターネットという媒体を通じて、男女が出会うと言うケースも少なくないと思うが、会った事も無い、むしろどこに住んでるかも分からない相手を「恋人」だと本気で言っている事には仰天した。

 

その子の話だと、そう言ったSNSやチャットアプリなどで知り合って、付き合っている子が周りには数人いるらしいが、もちろん言うまでもなく「会った事が無い」と言う。。。

 

 

そしてその子が彼氏と称する男の子とのケンカの原因が、とてもじゃないが信じられない言葉だった。。。

 

 

男の子「学校卒業したら、結婚しよう

 

 

・・・・・・

どうもその女の子だけではなく、相手の男の子自体がかなり痛い相手だった事に、呆れるばかりでした。。。

 

 

例えば、ひと昔前まで「ネットストーカー」と言う言葉が話題になりましたが、そう言う場合、片方が相手に対して一方的に恋愛感情を持ってしまい、その結果相手に対して付きまとい(ネットで言うログイン時間の監視や、他の同性とのやり取りに対しての嫉妬)をされて、SNSなどが炎上したり、SNSに載せている写真などから住所や家族構成まで調べ上げて、最終的にはネットではなく、実際に自宅までストーカー行為をすると言う最悪な結末になった事件が多かったですが...

 

今回のケースは、お互いに恋愛感情を持った事、実際会った事も無ければ、どこに住んでるかも分からない

 

その状況で「結婚」と言う話まで進展した話題になる事自体、現実では信じられない話で、ただただ驚くばかりです。

 

 

その後数ヶ月経って、その女の子からブログメールが来て、その彼氏(と思ってる相手)とは別れた事を聞きました。

 

ホッとしたのも束の間、またその女の子は、他の男の子と付き合い始めたのですが、その相手の男の子とも会った事も無ければ、ただチャットと写メ交換をしただけで「付き合ってる」と言い出した・・・

 

 

過去に3人の男の子と付き合ったと言ってましたが、聞いてみれば皆「一度も会った事が無い」と言う点が共通してた。。

 

逆に自分自身の考え自体が古すぎて、今はそれが「恋愛」なのかと錯覚を起こしそうになりました(笑)

 

 

SNSに写真を添付する事自体、自分は信じられない事だと思うし、インターネット上にアップした写真は、いろんなところで拡散されて、事実上ほぼ永久に削除する事が出来ないので、かなり危険で怖い行為だと思ってましたが、それ以上に「会った事も無いのに、付き合って1年くらい」などと言う妄想を本気で言う行為も、違う意味で同じくらい恐怖を感じました。。。

 

 

何回も言いますが、それって付き合ってるって言わないですよね??

 

 

そもそも会った事すら無いし、本当はどんな相手かも分からない...

もしかしたら、本当はとんでもないクズ人間かもしれないし、相手の本性も実態も全く不明な相手と、付き合ってるとか、写メ交換とか、そんな行為をしてしまう事自体が、普通とは逸脱した考えで、むしろ現実逃避ばかりしてるとしか思えません。。。

 

 

そんな若い子が、今は数え切れないくらい居ると言うのですから、驚かない訳がありません。

 

使い方は人それぞれだし、そう言う考えの人を否定するつもりは有りませんが、そんな会った事も無い、ただインターネット上でだけの関係の相手を「恋人」だと言い切る若者が、今は本当に多い事に、日本の将来はどうなるのか不安になります。

 

 

自分自身の考えを言うとしたら・・・

 

 

※SNS上だけの相手は、付き合ってるとは絶対言えない

 

※もし恋愛感情を持ったとしても、会うまではただの他人

 

※擬似恋愛は、擬似恋愛と認識して楽しむだけにした方が良い

 

※相手は、SNS上での顔とリアルでの顔は全く違うケースが多い

 

※その思い込みが、時にネットストーカー、最悪ストーカーと化す事がある

 

※巻き込まれなくても良い事件に巻き込まれる場合がある

 

※その安易な(意味不明な)考えは、時に被害者にも加害者にもなる事もある

 

 

その言葉で、今回のブログは締めたいと思います。

 

それではまた。。。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   関連記事:ブログテーマ別インデックス  

                           ​​​​

     

                           ↓オススメリンク↓     ​​​​

     

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          
コメント
コメントする