免責事項

スポンサーリンク

          

            

【医師不在】島で唯一の医者が脅迫され避難していた事が判明

            

世の中、地方での医療関係者の不足が問題になっていますが、未だにこんなとんでもない村があるのだと思うと、本当に異常だと思います。

しかも島で唯一の医師を脅迫し、他の島民にまで大迷惑をかける様なクズが存在する時点で、そう言った限界集落や過疎離島などでよく有りがちな古い悪習が、未だに横行しているのでは無いかと疑われても仕方ないかもしれない。。。

 

 

―以下引用―

 

 

島で唯一の医者が脅迫され避難 沖縄・北大東島 常勤医が不在に

 

沖縄県北大東村(人口約600人)の県立北大東診療所の常勤医師が2月上旬から1カ月以上、不在となっていることが17日までに分かった。常勤の女性医師が村内で男に脅迫される事件が起き、村外へ避難したのが理由。診療所は現在、本島の県立病院からの代診派遣でやりくりしているが、県病院事業局の伊江朝次局長は「やる気のある医師がこんな形で島を離れざるを得なかったことを、もっと重く受け止めてほしい」と村に要望する。村は役場や駐在所と連携した医師の安全確保策などに取り組むとし、常勤配置を求めている

 

 

那覇署によると事件は2月7日夜に発生。男が酒気帯び状態で運転する車が対向車線に進入し、医師の乗る車と正面衝突した。男は「通報したらどうなるか分かるよな」などと医師を脅し、後に脅迫の疑いで逮捕された。「示談にしたかった」と供述したが、医師は事件翌日に村外へ避難し、その後に離任が決定した。

 

現在は県立南部医療センター・こども医療センターや中部病院の医師らが数日ずつ代診を務めている。航空機の手配や医師確保が間に合わない日があり、患者の経過を継続して診られないなどの影響も出ている。

 

病院事業局は事件後、村が村民に対し、常勤医師不在の理由について十分な情報を提供せず、危機感が薄いことなどを指摘。後任を4月から配置する方向で調整中だが「赴任後の安全が担保できなければ、延期もあり得る」とする。

 

宮城光正村長は「事件は診療時間外の発生。県警が捜査していることもあり、村としても対応が難しい面があった」と説明する。

 

事業局には「島の医療を守る連絡会議(仮称)」を立ち上げて医師住宅への防犯カメラ設置を含めた安全確保策を講じ、村議会で飲酒運転撲滅決議を提案することなどを提示。村長は「関係機関との調整が必要な部分もある。常勤医師がいてこそ住民の安心が得られるので、県や地域と連携しながら再発防止に取り組みたい」と語った。

 

引用元:沖縄タイムス

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/89168

 

 

―引用終わり―

 

 

個人的には『沖縄タイムス』を参考にするのはごく稀ですが(笑)今回の事件はあまりにも酷いと思ったので引用させて頂きました。

 

 

>常勤の女性医師が村内で男に脅迫される事件が起き、村外へ避難したのが理由

 

都心部でさえ、医師不足で問題になっているというのに、島で唯一の医師を脅迫するとは、一体何を考えているのでしょうか?

こんなクズがのさばっていると言うだけで、人口の少ない離島などでは、特に悪いイメージが定着してしまいかねない事態にもなりうると言うのに・・・

 

>村は役場や駐在所と連携した医師の安全確保策などに取り組むとし、常勤配置を求めている

 

取り組むとし・・・ではなく、まず実際に取り組んでから、常勤医師の配置を県病院事業局に要請するべきであって、まだその確たる方針が決定して、実際にそれを実行して居ない時点で、派遣される医師が安心して医療に従事出来るとは思えない。

こう言う村社会に限らず、都心部でさえ『○○に取り組む』と言いながら、実際には全く取り組まない『表面的な努力アピール』などが多い中、こんな曖昧な表現では、安心して医師が常勤出来るかも微妙なのではないでしょうか?

 

>男が酒気帯び状態で運転する車が対向車線に進入し、医師の乗る車と正面衝突した。男は「通報したらどうなるか分かるよな」などと医師を脅し

 

よく有りがちな『島の有力者の男』なのか、ただ単に『島民からも嫌われている男』なのかは知りませんが、どっちにしても、こんなクズがふんぞり返っていて、更にこんな脅迫が当たり前に横行する時点で、島の治安自体が疑われても不思議では無いと思います。

 

>病院事業局は事件後、村が村民に対し、常勤医師不在の理由について十分な情報を提供せず、危機感が薄いことなどを指摘

 

もはや村役場自体が村民に対して、この非常事態に対して適当な連絡しかしていない時点で、医師不在を適当に考えているとしか思えないし、こんな事で『対策をする』なんて事を言われても、どうせ口だけでなにもしないで、また同じ様な脅迫事件が起きる可能性は高いと思います。

その自治体自体が、こんな適当な対応をしている時点で、島の腐敗が改善される事は無いのではないかと指摘されても、なにも文句は言えないのではないでしょうか?

 

>宮城光正村長は「事件は診療時間外の発生。県警が捜査していることもあり、村としても対応が難しい面があった」と説明

 

県警が先に捜査に入ったという理由もあるかもしれませんが、あまりにも杜撰な対応なのではないでしょうか?

それに県警が捜査に入る前に、もともと人口の少ない地域なので、そう言う事件が起きる可能性も視野に入れた取り組みは出来なかったのでしょうか?

まして今回脅迫された医師は女性で、1人での勤務と言う事を最初から村長は承知していたにも関わらず、万が一の時の対策もせず、事件が発生した後から言い訳を言っている様にしか聞こえないのは、おそらく自分だけでは無いと思います。

 

 

今回はたまたま沖縄の離島での『医師に対しての脅迫』だったと言うだけで、こう言う過疎集落などでは、他の地域でも、ただ単に事件にならないだけで、こう言う古臭い悪習が横行しているのではないかと思います。

 

 

そう言えば、医師関連の問題では秋田県上小阿仁村(かみこあに)の『医師いじめ』は滅法有名ですよね(笑)

医師不足で困っているわりには、医師をいじめて追い出すと言う、本当にクズみたいな犯行が日常的に行われている集落が未だにあると思うと、本当にゾッとします。

 

よく都心部の人達は『田舎暮らしに憧れて』なんて平和ボケした事を言う人が居ますが、こう言う陰湿な事をする人間も居るし、まして最悪な地域では、集落全体が結託して、よそ者を追い出す為に、嫌がらせなどをするアホ限界集落も沢山あるのです。

(自分が住む地域でも、山間部の方ではそう言う傾向がありますしwww)

 

田舎くらしに憧れて、過疎地に移住するのは構いませんが、『理想と現実』の違いに愕然としない為に、少なくとも前もって移住先のリサーチくらいは最低でもしておくべきだと思います。

 

 

それでは今回はこの辺で。。。

 

 

↓島で唯一の医師を脅迫とは何事だ!↓

 このエントリーをはてなブックマークに追加 ​​​       

↑と思った方はクリックお願いします↑

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   関連記事:ブログテーマ別インデックス  

                           ​​​​

     

                            ​​​​

     

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          
コメント
コメントする