スポンサーサイト

           
            

【食肉偽装問題】ブラジル産鶏肉に不正、ブラジル農牧省が業者を強制捜査していた事が発覚

            

 

 

 

 

↓沢山の人に知って欲しいので↓

  このエントリーをはてなブックマークに追加

↑クリックお願いします↑

 

随分前に、酵素フード協会とかいう怪しい団体による『ブラジル産は危険』みたいな内容の記事をホームページに掲載して貶められたブラジル産鶏肉でしたが、その後酵素フード協会のデマだった事が発覚し、この協会は都合の悪い記事を削除しました。

 

そんなブラジル産鶏肉ですが、今回は酵素フード協会による根拠の無い悪質な誹謗中傷と違って、どうやら信憑性が高い様です。。。

 

 

―以下引用―

 

 

ブラジルで食肉不正問題、緊急閣議招集へ

 

【3月19日 AFP】ブラジルのミシェル・テメル大統領は19日、世界有数の食肉生産国で国内外に広く鶏肉などを販売している同国において、食肉の安全性をめぐり不正問題が発覚したことを受け、緊急閣議を開くと発表した

 

2年間にわたる警察の捜査によって17日、公衆衛生検査官数十人が賄賂を受け取り、衛生基準を満たさない食品を消費に適しているとして承認していたとの不正が明らかになった

 

不正に関わったとされる多数のブラジル企業は18日、自社製品は安全だと主張したが、国民の不安は高まるばかりだ。この食肉偽装スキャンダルは、ブラジルなどの南米諸国が加盟する南部共同市場(メルコスル、)が欧州連合(EU)との貿易協定締結を進めているさなかという微妙な時期に発覚した。

 

ブラジル農牧省によると、当局は17日、12以上の食肉加工業者を強制捜索し、逮捕状27枚を取り、食品大手のブラジルフーズ(BRF)の鶏肉加工場1か所と、Peccinの食肉加工場2か所を閉鎖した

 

また、別に21か所の加工場で捜査が進められているほか、農牧省はこの不正問題に関与した当局者33人を免職処分にした

 

当局は、衛生基準を満たさない食品が見つかった場所について言及していないが、南部クリチバでの記者会見で、腐った肉の悪臭を隠すために「発がん性物質」が使われていた事例もあったと述べた。

 

この問題では、BRFだけでなく、同じ食品大手のJBSなども捜査の対象となっている。

 

リオデジャネイロのスーパーマーケットでよく買い物するというシルビア・ファリアス教授は、鶏肉製品の一部には段ボールが混入しているとの報告もあり、懸念していると述べた。

 

ブラジルは少なくとも世界150か国に鶏肉などの食肉を販売しており、この不正問題は同国にとって深刻な懸念事項となっている。

 

 

引用元:AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3121962

 

―引用終わり―

 

 

前回のブラジル産鶏肉危険騒動は、悪質な連中による根拠のないデマでしたが、今回はブラジル農牧省や現地警察当局自体が調査をした結果なので、かなり信憑性が高いのではないでしょうか?

 

 

>ブラジルのミシェル・テメル大統領は〜食肉の安全性をめぐり不正問題が発覚したことを受け、緊急閣議を開くと発表した

 

ブラジルの大統領自らが緊急閣議を招集したという事は、この食肉の安全性に不正があった事を深刻に受け止めている様子を見ると、かなりヤバい事になっているみたいですね。。。

まぁ、ブラジル産鶏肉って、世界150カ国に輸出されてるくらい、ブラジルにとってはかなりの貿易収入になってるでしょうから、かなり痛手になるのではないでしょうか?

 

 

>公衆衛生検査官数十人が賄賂を受け取り、衛生基準を満たさない食品を消費に適しているとして承認していたとの不正が明らかになった

 

これはとんでもない悪辣な行為ですよね!

衛生面に関しての検査官が、こう言った賄賂を受け取り、不正を働いていたと言うだけでも大問題で、まして海外に大量に輸出している時点で、国際問題にもなりかねない状況だと言うのに、その検査官のほとんどが賄賂を受け取って、衛生基準を満たさない食品を消費に適していると承認したというとんでもないクズっぷり!

 

(鶏肉だけではなく、役人も腐ってる様ですねw)

 

 

>不正に関わったとされる多数のブラジル企業は18日、自社製品は安全だと主張したが、国民の不安は高まるばかりだ

 

こんなの、悪辣な不正に関わったゴミ企業が『うちは肉が腐ってても安全だ!』みたいな寝言を自称しているようなモノで、海外の人はもちろん、国内のブラジル人はこんな悪辣なゴミ企業の事を、余計に信用なんてしないと思います。

 

そもそも不正に関わっていたような犯罪企業の言う事を信用しろっていう方が無理な話で、例えば窃盗犯が『あなたの家には泥棒に入らないから、あなたの家の鍵を私に預けてください』と言っているくらい横暴でメチャクチャな話で、全く信用できないと思います(笑)

 

 

>ブラジル農牧省によると、当局は17日、12以上の食肉加工業者を強制捜索し、逮捕状27枚を取り、食品大手のブラジルフーズ(BRF)の鶏肉加工場1か所と、Peccinの食肉加工場2か所を閉鎖した

 

かなり大規模な強制捜査が行われたという事は、本当に今回はヤバいくらいな沢山の不正が発覚したのかと思います。

しかも大手食肉メーカーの鶏肉加工場が閉鎖に追い込まれている時点でもう終わっていると思います。。。

 

 

>不正問題に関与した当局者33人を免職処分にした

 

33人も不正問題に関わっていた時点で、組織的な犯行だとしか思えませんね。

この調子だと、まだまだこう言う悪辣役人が出てくる様な気がします。

 

 

>腐った肉の悪臭を隠すために「発がん性物質」が使われていた事例もあった

 

もう論外ですね!

 

腐った肉を出荷していただけでも大問題なのに、それを隠蔽するために発がん性物質まで使用していたとは・・・

もうブラジル産の鶏肉の安全性は全く無くなったと言っても過言ではないかもしれません。

 

 

>シルビア・ファリアス教授は、鶏肉製品の一部には段ボールが混入しているとの報告もあり、懸念している

 

段ボールと言ったら昔、中国の『段ボール肉まん』が大問題になりましたが、ブラジルでも段ボールを混入させて量を多く水増ししていたとなると、ブラジルも中国と同じレベルだと言う事になり、食の安全性は完全に否定されたも同然です。。。

 

 

そう言えば、コンビニやファーストフード、ファミレスで提供される激安チキン料理って、あの『中国産緑色鶏肉事件』から、中国産⇒ブラジル産、タイの鳥インフルエンザ騒動からタイ産⇒ブラジル産に大量に変更した様ですね。。。

 

まぁ、安い居酒屋などもそうだと思いますが、安いところはまず『国産』を使う事は極めて少ないし、コストが掛かるのでほぼ外国産だと思います。

 

それがたとえブラジル産ではなくても、中国やタイなどの事例を見ても『外国産の食の安全は信頼性が低い』と言う様に思われても不思議では無いと思います。

 

外食でも、安い店を選ぶか、多少高くても『国産使用』の店を選ぶか、厳しい選択肢なのだと思いますが『船場吉兆』みたいな高級料亭すら『ブロイラーを地鶏』などと言う嘘を公言して客に提供していたくらいですから、ぶっちゃけ食の安全にこだわるなら『外食はしない』と言う選択肢が一番賢いのかもしれません(笑)

 

 

それでは今回はこの辺で。。。

 

 

―関連記事―

 

【食肉不正事件】日本は鶏肉の他に『はちみつ』『プロポリス』もブラジルから大量に輸入していた

 

 

↓外国産の鶏肉の信用性は無くなった↓

 このエントリーをはてなブックマークに追加 ​​​       

↑と思った方はクリックお願いします↑

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   関連記事:ブログテーマ別インデックス  

                           ​​​​

     

                           ↓<相互リンク>↓​​​​

     

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          
コメント
コメントする