免責事項

スポンサーリンク

          

            

【要注意】若者の起業志向を狙った悪質ビジネスの実態

            

  

最近、若者のインターネット普及がめざましい事から、その『ネット世界』に中年層や高年齢層よりも精通しているという思い込みが多い傾向があります。

 

実際に自分自身、ネット世界に関しては、まだまだ知らない事が山ほどあると自分でも思いますし、今の20代の若者の方が、ネット世界の事は詳しいのでは無いかと思っています。

 

しかし、そんな『ネット世界に精通している若者』というのは、本当にごく僅かな数で、ほとんどが『なんでも知っている』という単なる逆上せ上がりの思い込みの連中が大半だと思います(笑)

 

そんな『自称ネットに詳しい』という若者をターゲットにした『起業系悪質ビジネス』の存在が密かに問題になっている様です。

 

 

―以下引用―

 

 

若者の起業志向を狙った悪質ビジネスに要注意

 

最近、20代の人の起業相談を結構たくさん受ける機会がありました。それにより、若者の起業ブームなどについて、色々と考えさせられる事がありました。

 

まず、非常に驚いたのが、多くの人が高額な起業セミナーなどに通っている事です。それも、情報商材系の怪しい会社がやっている所のだったり、全く得たいが知れない感じの会社のセミナーに通っている人が多いのです。


もちろん、それでも良い内容のセミナーなら問題が無いのでしょう。しかし、何を教わったのかを聞くと、ネットでちょっと調べれば分かる事だったり、精神論や心理学の様な事ばかりで、数十万円というのはボッタくりという気がしてしまいました。

 

一番驚いた例をあげてみます。A君という社会人2年目の若者は、起業セミナーで心理テストの様な物を受けて、自分の起業家タイプは○型だと教わったそうです。そして、○型という自分にあった起業スタイルは何なのかというのを教えてくれる授業を、何十万円も払って受けていたそうです。

 

そして最終的に、○型はパートナーと一緒に起業した方が良いタイプと言われ、また別の□型の人をパートナーにして起業すれば成功すると言われたそうです。なので、A君はパートナーを求めて、自分の仲間にも、その心理テストを受ける事を勧めているそうです。そして、その次には、その□型のパートナーと一緒に、『チームワークとは何か!?』を教えてくれる授業を受けたいと言っていました。

 

また、驚いた事に、知人を介して知り合った私の言動からして、□型ではないかと感じ、コンサルを依頼する事にしたのだというのです。

 

ちょっと、私も面食らいました。ですが、気を取り直して、『何の商売をしたいんですか?』と聞くと、A君は『僕に合う商売が何かを聞きたいと思って相談に来たんですよ!』と笑顔で答え、私にも時間があったら、例の心理テストを受けてると面白いと勧めてくるという感じでした。

 

もう、私も何と答えたらいいやらと思い、とりあえず、その起業セミナー会社のビジネスモデルを、一緒に考える事にしました。

 

まず、その起業セミナー会社が売りたいのは授業です。そして、その授業販売の営業の為に、起業タイプの分類テストが存在しています。そして、生徒がテストを周りに勧めたくなる形を作る事で、クチコミ営業を生徒にさせている仕組みで、A君は会社のマーケティングツールとなっているとか、色々と説明しました。

 

すると、A君はそのセミナー会社は、そんなに悪い会社じゃないと言い出しました。何故なら、生徒が授業を気に入らなかったら、返金してくれるとHPに書いてあると言うのです。そして、そのHPを一緒に見ると、確かに返金とは書いてありました。しかし、この会社、他にやっている教室がナンパ塾だったり、競馬必勝法だったり、知れば知るほど、怪しいという感じでした。そして、その社長も写真で出ていたのですが、いかにも情報商材的な金髪のオッサンが外車と一緒に写真に写っていました

 

私も、最大限トライしてみたのですが、その情報商材会社が半年以上もかけて行ったA君への洗脳を、90分では、とても解く事は出来ませんでした。終始、A君は騙されている自覚は全くないようでした

最近、オレオレ詐欺などは、マスコミでも非常に問題視しています。しかし、こういう若者を餌食にする詐欺まがいの起業セミナーなどは、『若いうちの勉強料で仕方がない』とか、『騙される奴がバカだ』とか、自己責任的な形で放置され気味です。

 

一方で、メディアや国は若者に、やたら起業を勧めています。もし、そういう政策をすすめるのであったら、同時に、今回紹介したような、若者を餌食にする悪質企業の事も注意喚起すべきなのではないでしょうか。このブログが、何かのキッカケになってくれたら幸いです。

 

引用元:アゴラ言論プラットフォーム

http://agora-web.jp/archives/1602467.html

 

 

―引用終わり―

 

 

今回の引用記事は、普通の『起業ビジネス詐欺』に関して言及した物ですが、この悪質セミナーに関する情報元のほとんどが、今はネットからの情報がほとんどだと思い、上記の記事を引用させて頂きました。

 

 

>多くの人が高額な起業セミナーなどに通っている事です。それも、情報商材系の怪しい会社がやっている所のだったり、全く得たいが知れない感じの会社のセミナーに通っている人が多い

 

高額セミナーなんて、いま流行りの『好きな事をして稼ぐ』などと謳っている奴等が『人を騙して高額セミナーで稼ぐ』というツールであって、そのセミナーに大金をはたいて参加した人(詐欺師にとってはカモ)が稼げるようになるのではなく、詐欺師がそう言ったセミナーを開いて、参加者(カモ)から大金を搾取して稼ぐと言うオチがほとんどだと思います。

 

 

ネットでちょっと調べれば分かる事だったり、精神論や心理学の様な事ばかりで、数十万円

 

これに関してもっと言及すれば、普通にネットで『自己啓発系』や『スピリチュアル系』の記事を書いているブログを読むだけで、このボッタクリセミナーに参加する以上に『精神論』や『心理学』がタダで身に付きます(笑)

 

ましてこのボッタクリセミナーで教える『精神論』とやらは、どれも専門家の言うモノとは違い、お粗末で中途半端な、せいぜいウィキペディアから取って付けた程度の知識しか教えてくれない所がほとんどです。

 

 

>A君はそのセミナー会社は、そんなに悪い会社じゃないと言い出しました。何故なら、生徒が授業を気に入らなかったら、返金してくれるとHPに書いてあると言うのです

 

もうこの『A君』とやらは、完全に詐欺師に洗脳されてますね(笑)

これが『オッサンや年寄りより、俺らの方がネットは詳しいんだよw』などと言っている一部の若者の末路だと自分は感じました。

 

 

>この会社、他にやっている教室がナンパ塾だったり、競馬必勝法だったり、知れば知るほど、怪しいという感じ

 

 

これ系は99%詐欺だと思います(むしろ個人的には100%だと言っても過言ではないと思うw)

こんなモノは、ネット世界が普及する前から、怪しいゴシップ週刊誌などの裏表紙とかで昔から謳われていた詐欺広告で流行っていた手口ですし、今更どうこう言う問題ではないと思いますが、こう言ったあからさまに詐欺だと分かっていても、普通に騙される若者は本当に多いのが現状です。

 

 

>その社長も写真で出ていたのですが、いかにも情報商材的な金髪のオッサンが外車と一緒に写真に写っていました

 

むしろ、今時『金髪で外車』なんて言う昭和から出てきた様な、時代錯誤なフレーズを売りにしている奴が居ることにビックリです(笑)

そもそもこう言った『はべらせ系』のアホのほとんどが『詐欺』だと断定しても良いくらい、まずマトモな連中は存在しないのが現実だと思います。

 

 

>A君は騙されている自覚は全くないようでした

 

もはや救いようが無いと普通に思いました。。。

 

 

>メディアや国は若者に、やたら起業を勧めています。もし、そういう政策をすすめるのであったら、同時に、今回紹介したような、若者を餌食にする悪質企業の事も注意喚起すべき

 

これに関しては、本当に国やメディアは警鐘を鳴らすべきだと自分も思います。

国やメディアは『若者の起業が増えている』と言う、如何にもメシウマな情報しか垂れ流さない上に、裏ではこう言った詐欺師が横行していると言う実態をほとんど発信しません。

これでは『国やメディアは詐欺師の片棒を担いでいる』と言われても文句は言えないと思います。。。

 

 

 

結論的に、こう言う問題は、国やメディアだけでなく、ネット上の情報も『○○は稼げる』と言う文言のモノが溢れているし、今の若者は『テレビを見ない』『政治には興味が無い』と言う考えの子達が多い傾向があります。

そう言った事情を逆手に取って、こう言うクソ詐欺師達は、次はネット上でこう言う情報詐欺商材などの勧誘や、中身の全くない、洗脳ボッタクリセミナーなどの勧誘活動に切り替えたと言っても過言ではないと思います。

 

こんなクソセミナーに参加した時には、大金を搾取されるだけでなく、住所、電話番号、しいては家族構成などの個人情報を搾取されると言う大デメリットしか無いと言うのが現状です。

 

それに、あたかも安心を装った『返金システム』の現状は、実際には返金なんてされた事の方がほとんど無く、こう言う文言で『何も知らない自称ネット精通者の人』を騙す手段で編み出された謳い文句で、その『返金』に関して、実際に返金請求をした時には、既にその悪質会社(もしくは悪質詐欺ホームページ)自体が無くなっており、連絡が取れなくなっていたり、酷いクズ業者などは、不正に入手した個人情報を元に『じゃあお前の実家まで行って、親と話しさせてもらうぞ!』などと恫喝、脅迫などの行為に及ぶチンピラ業者もいるくらいですから。

(金髪に外車の組み合わせで、ドヤ顔で写真に写っているアホなんて、ただのチンピラと言うケースがほとんどですからw)

 

最近でも『振り込め詐欺』と言う悪質な詐欺がまだまだ横行している中、それを専門に悪事を働く詐欺師が増えすぎたのと、それに対して各行政機関が『振り込め詐欺被害対策マニュアル』を発行して、それらに騙される高齢者が昔に比べたら少なくなったと言う意味で、今まで振り込め詐欺をしていた悪質詐欺集団自体が『騙せなくなって来た』と言う背景から、そう言った連中が今度は『若者』にターゲットをシフトチェンジしただけの話だと自分は思います。

 

それに、高齢者と違って、今の若者は『ネットに精通してる』『俺はそんなネット詐欺には騙されないよ(笑)』と自称している人が多く、そう言った部分に、巧妙な手口で詐欺師は騙そうとするのだと思います。

 

(こう言ったタカを括った若者の方が、むしろ騙されたり洗脳されたりするケースが多いしw)

 

 

まぁ、結論から言えば『やりたい事は無いけど、とりあえず起業したい』とか『スキルは無いけど、起業しようかと思ってる』とか、世の中を甘く見た人をターゲットにしているのが、こう言った『起業ビジネス』と言われる詐欺師達だと自分は思います。

 

若いうちから、こう言う詐欺師にわざわざ騙される必要はないと思うし、それに起業なんて、この先どれだけでも出来ると思うので、ある程度年齢が行って、お金もスキルも余裕が出来て、尚且つやりたい事が見つかってからでも遅くは無いと思います。

 

『簡単に起業家を目指せる』なんてセミナーや情報商材など、100%詐欺しか無いと自分は思いますから。

 

それでは今回はこの辺で。。。

 

↓沢山の人にこれを知って欲しいので↓

 このエントリーをはてなブックマークに追加 ​​​       

↑良ければ応援クリックお願いします↑

 

ー関連記事ー

 

儲かるわけが無い『情報商材詐欺』にある甘い誘惑のフレーズ

 

「ネットで稼げる」を謳った情報商材詐欺メルマガ検証ルポ

 

「ネットで稼げる」を謳った情報商材詐欺メルマガ検証ルポ

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   関連記事:ブログテーマ別インデックス  

                           ​​​​

     

                           ↓オススメリンク↓     ​​​​

     

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          
コメント
コメントする